MAKE A FISH !!⑥壱岐島ギガアジング前篇

長崎県壱岐島ギガアジング・・・

アジンガーなら誰もが憧れる40㎝オーバーのギガアジ・・・







高感度なライトタックルで軽量リグを繊細に操り、
限界まで細いラインでギガサイズを獲る・・・

まさにアジングの醍醐味が全て詰まっていると言えるギガアジング、、


今回1泊2日でやっと行くことが出来ました\(^o^)/






深夜12時5分に博多港発のフェリーに乗り込み出発・・・



今回は同じ湯川店の太田さんと、ルアスタの野村さんの3人で出撃!
※何故か野村さんの写真だけどこを探してもないw






フェリーの中で仮眠を取りつつ、約2時間で壱岐島芦辺港に到着♪

九州郵船
(フェリーのダイヤ、運賃はこちらをご参考下さい)




目的地の漁港に到着し、ギガアジが回遊してくる確立の高い朝マズメを待ちます・・・



本命の朝マズメに向かいひとまずキャストを開始!


まずは堤防の内側を探るも反応が無く、外海側へ移動、、
かなりの強風が吹いてますが、なんとかリグをコントロールしていきます・・・




と、いきなり!



ルアスタの野村さんが30㎝台後半のデカアジをゲット!!

※何故か写真が無い野村さんの釣果はご本人のブログにてw

いきなりの40㎝近いデカアジの登場に・・・全員ただただ驚愕・・・


「やべぇ・・壱岐のポテンシャルはんぱねぇ・・・



ほぼ不眠不休の3人でしたが、誰も眠いなどとは言わずw集中力は高まっていきます・・






そうこうしていると、
太田さんも無事に初めての尺オーバーアジをGET!(笑





私も8gのキャロをメインに広範囲を探っていきますが・・・







たまに当たっても普通に地元で釣れるサイズばかり・・(^_^;)




私が苦戦しているのをよそに、隣では野村さんが次々に35㎝前後の良型を連発!!

釣り方を聞くと、
2.5gのスプリット+1gジグヘッドでのフルキャストからのカーブフォール・・
状況的に、正面からの向かい風がかなり強く吹いており、リグウエイトがある程度重くないと、
ラインを張ることもできない感じですが、スプリットでウエイト分散させて全体重量は稼ぎつつ
ぎりぎりラインテンションをキープできるリグバランスでナチュラルにカーブフォール・・・


これが見事にはまり、隣に並んでも野村さんにだけ尺オーバーがぼこぼこ・・・




ならばと、私はシャローフリークダイブFシステムにジグヘッドはラウンドロック0.6g
更に、シャローフリークのチモトに1.8gのガンダマを撃ちフォールスピードを調整します・・・


ラインテンションはキープしつつ、フォールスピードは必要最低限に、
ナチュラルにヒットゾーンにリグをキープ・・・


張らず緩めずのラインテンションをキープしていると・・・ドゥンッ!!


宵姫華82Hが限界まで絞り込まれる、、、(^_^;)
アジングで今まで感じた事の無い走り方とパワーにただただびっくり・・・


あちこち走られまくってやっとの思いで姿を見せたのは・・・






自身アジングレコードを大幅に更新する46㎝のギガアジでした!\(^o^)/






昨年から約1年間アジングに通って身に付けた色々な釣り方・・・
状況に合わせてそのひとつを選択することでこのサイズが獲れる・・・



まさに感無量の瞬間でした






しかしまさか朝マズメを迎える前にこのサイズが釣れるとは・・・


その後は風が段々と強くなり、あまりの強風にリグコントロールに苦労しながらの展開・・・
期待していた朝マズメもそこまで時合らしい時合が訪れる事もなく終了・・・でしたが・・・




初日の朝マズメを終えて、46㎝を頭に40オーバーを2本、
アベレージが35㎝前後と当初の予想よりも上々の釣果!(^o^)







ここから目指すは夢の50㎝オーバー!
ここまできたらやるっきゃない!!


壱岐釣行後篇へ続きます・・・w

フィッシングログ(スタッフ釣果報告)

釣行日 2018年02月26日 
釣場壱岐島
天候・潮曇り 若潮
アジ
釣果 46cm
釣り方ソルトルアー(ショア)
ロッド宵姫華82H
リールセルテート2004
ラインPE0.4号 リーダー1.5号
仕掛け・ルアーシャローフリークFシステム
投稿日 2018年02月28日
投稿者 ポイント小倉湯川店 はたぼぅ
問い合わせ先 ポイント小倉湯川店
福岡県北九州市小倉南区湯川1-1-10
093-922-3181