今日もどこかでギュン(コマセマダイ編)


皆様、こんにちは藤井です。








今回は、コマセ真鯛に行って参りました。



剣崎沖や久里浜沖で連日、数・型共に好調なコマセマダイ!


特に秋のシーズンは数釣りが楽しめると言う事もあって
マダイ船は初心者層から上級者層のお客さんで連日賑わっています。


当日は近郊の船宿さん調査も含めて、

久里浜港のムツ六さんにお世話になりました。


台風の影響で数日船が出れなく、当日が久々の出船でした。

そのせいか、お客さんが多く船は2隻出し!



なんとか釣り座も確保!


私は左舷のトモ、同行者の林さんは胴の間。



午前7時期待を膨らませ、いざ!出船!




10分程で最初のポイントに到着。



タナは30mでスタート。


言い忘れてましたが、ムツ六さんのコマセ真鯛は

ライト使用です!



今回のタックルはコチラ


ライト仕様と言う事で

PE2号を200m巻いた小型両軸リール(ギガソルトPG)
265の同調子竿

仕掛けはコチラ


SUマダイ天秤にビシ40号




針は9号を中心に

話題の金龍凄腕マダイと
ヤイバの喰わせ真鯛

ハリスは3号1本針!








話を戻します。







最初の流しではアタリがなく、エサ取りもいない状況。


船長曰く、台風の影響で、少し渋いとのこと。





ポイント移動。







移動後、1投目




コツコツと小さなアタリが、、、





ゆっくり大きくアワセると乗りました。




しかし、明らかに真鯛の叩くような引きとは違う




あげてくるとコヤツでした



ぐーふーーーーーーー。







丁度、この頃、潮が動きだし、餌取りが喰い出した模様。




潮が動きだし、エサ取りが多くなってきましたので




少し重めのスイベルを使用し、テーパー仕掛けに変更。



すると、、、




さっきとは明らかに違うアタリが!




喰い込んだ瞬間





本日1回目の







ギュ―――ン。




無事乗りました。




鯛の叩くような引きはタマランデスね。





サイズは小さいですが何とか1匹目を確保。


久里浜沖のマダイはとても綺麗で美形!








その横で同行者の林さんの竿が海面に突き刺さります。

 

これは私のと違い大きい模様!


ドラグが止まりません


タモを取って、横で待ちます


あと10m



あと5m




見えてきたのは、、、



この先は林ブログにて(笑)










気を取り直し、



この後、もう1枚追加し、




朝の時合いは終了。




移動の度にポツポツ船中では上がりますが



後に続きません。





私も未熟ながら、試行錯誤します。



潮が動いていない為、誘いあげたり


落とし込んだりして、根気よく根気よく誘いますがアタリマセン。






テーパー仕掛けをやめ、




ハリスを細くし、針も軽くし、ビーズを入れて


誘ってみるとアタリが!





しかし、痛恨のバラシ(笑)










その後も、アタリはあるものの乗らず。







そして





無念のタイムアップ。



結果2枚で終了。




リベンジします!





釣ったタイは美味しく頂きました。


刺身と炙り



タイしゃぶ



タイ天







どれも美味でした!








 

フィッシングログ(スタッフ釣果報告)

釣行日 2018年10月08日 
釣場久里浜沖
天候・潮曇り 小潮
マダイ
釣果 2
釣り方船釣り(浅場)
ロッド胴調子265
リール小型両軸
ラインPE2号200m
仕掛け・ルアーハリス3号10m
投稿日 2018年10月05日
投稿者 ポイント横須賀佐原店
問い合わせ先 ポイント横須賀佐原店
神奈川県横須賀市佐原1丁目8-1
046-835-9681