ワインド釣法ブログ 「ワインドマスターへの道」vol. 4

投稿日 2011年06月11日
投稿者 ポイントバイヤー(ワインドマスターへの道) H.H
こんにちは!

 の時間です。

今回は、対象魚の話です。

代表的な対象魚は

「シーバス」(セイゴ)



「タチウオ」


「サワラ・サゴシ」


「青物(ブリ・ヒラマサ・カンパチ)」


「ヒラメ」


「マゴチ」


「チヌ」


「シイラ」


「カサゴ(ガシラ)」


「カマス」



「その他・メッキ・アイナメetc・・・」

 
もともとは、シーバスを日中のデイゲームでバンバン釣ろう!

というところからスタートした「ワインド釣法」ですし、最近では「ワインドタチウオ」
圧倒的な釣果を叩き出し一躍メジャーな釣りになっていますので
「シーバス」「タチウオ」のイメージが強いのかもしれませんが

基本的には、「従来ルアーで釣る事の出来る魚」は全て対象となります!

関西でのタチウオ、東北でのサワラ・サゴシ、など地域的に特化して盛り上がっている魚種もありますし
チヌ・カマス・メッキ・カサゴ・アイナメ等様々な外道がつれるのも「ワインド釣法」
魅力のひとつです!

上記にあげました釣魚以外にも様々な釣果も耳にしますので皆様も
様々な魚種に挑戦されてみてはいかがでしょうか?!

それでは今日はこの辺で・・・

次回のの時間をお楽しみに!




●次のページ                                                     ●前のページ

ワインドの基本!おすすめスターターセット!
  • オンスタックルデザイン マナティー 90 MT−02(スパークルレッドヘッド)
    楽天/ヤフーショッピング
    【オンスタックルデザイン】破壊力無限大の連続高速ダート釣法「ワインド」をとことんまで極めるべく開発を進め、そして生まれたのが専用ベイト「マナティー」。真っ先にワインド釣法に取り組んだ分、多くのノウハウを手に入れることができたので、その完成度には絶対の自信アリ!激キレダートはもちろん、リグりやすさも考えた親切設計。ジグヘッドを取り付けるフロントには真っ直ぐに刺しやすいよう、あらかじめ穴が開いていますのでスムーズ・確実なセッティング。ルアーの交換も簡単ですので素早いカラーローテーションも可能。また、魚を呼び寄せる強烈な波動と究極のダートアクションを実現するため、今までにないスーパーハードマテリアルを使用。スパッと水を切り裂くようなカミソリダートが、魚がワラワラ湧いてくる夢のシーンが現実のものとなりました。(4582384942023)
  • オンスタックルデザイン マナティー 90 MT−08(スーパーグロー)
    楽天/ヤフーショッピング
    【オンスタックルデザイン】破壊力無限大の連続高速ダート釣法「ワインド」をとことんまで極めるべく開発を進め、そして生まれたのが専用ベイト「マナティー」。真っ先にワインド釣法に取り組んだ分、多くのノウハウを手に入れることができたので、その完成度には絶対の自信アリ!激キレダートはもちろん、リグりやすさも考えた親切設計。ジグヘッドを取り付けるフロントには真っ直ぐに刺しやすいよう、あらかじめ穴が開いていますのでスムーズ・確実なセッティング。ルアーの交換も簡単ですので素早いカラーローテーションも可能。また、魚を呼び寄せる強烈な波動と究極のダートアクションを実現するため、今までにないスーパーハードマテリアルを使用。スパッと水を切り裂くようなカミソリダートが、魚がワラワラ湧いてくる夢のシーンが現実のものとなりました。(4582384942085)
  • オンスタックルデザイン ジージーヘッド 1/2oz シルバ−
    楽天/ヤフーショッピング
    【オンスタックルデザイン】「ワインド」の可能性をさらに高めるべく専用ジグヘッドとして開発されたもの、それがZZヘッドです!ワインド最大の特徴である左右への大きく鋭いジグザグアクションの安定性は極めて高いレベルで達成しつつ、 なおアングラーへの負担を極力軽減するためにシャクり時の引き抵抗を必要最小限に抑えました。これにより重いサイズも使いやすくなり、飛距離やシンキングスピードも上げやすいため、より広範囲を効率よくスピーディーに探れます。また、マテリアルは通常のものより硬い鉛を使用していますので、岸壁などに当たっても変形しにくくその性能を長期間維持できるようになっています。そしてシルバー・ゴールドのメッキモデルはより硬度が高いニッケルメッキ処理を施していますので、さらに耐久性が上がりました。ZZヘッドの出現はワインド釣法を一段と進化させました![ZZヘッド/ZZ Head](4582384947219)
問い合わせ先 ポイントバイヤー(ワインドマスターへの道)