ヒラマサ仕掛

海のスプリンターを狙い撃て!
ヒラマサ釣り仕掛



海のスプリンター「ヒラマサ」は、その強烈な引きで釣り人を魅了する。
シーズン初期の頃は、アジやタカベなどを活きエサにした泳がせ釣りによくあたるが、連日釣り人が、沖アミのボイルをマキエにすると、このエサに慣れ、活きエサよりも、沖アミによくあたるようになる。
泳がせ釣りの場合、アタリがあっても、すぐにあわせてはならない。
リールのベールを越し、フリーの状態にし、アタリがあれば十分走らせて、食い込ませてからアワセを入れる。
カゴ釣りの場合は、マキエを一点に集め、マキエの帯を作るようにする。
またヒラマサは、最後の最後まで抵抗するので、水面に浮かせても、タモに入れるまでは決して気をぬいてはいけない。





print