チヌ(クロダイ)仕掛

磯・波止の人気者! チヌ(クロダイ)釣り仕掛 磯・波止釣りの人気ナンバーワンが、このチヌ(クロダイ)だ。 チヌは、近郊の波止などでも、50cmクラスの大物が釣れるし、季節によっては、20cm?30cmのメイタクラスの数釣りが楽しめる事もある。 性格は、非常に神経質なところと、大胆なところが同居し、意外なところで大物が釣れることでも人気がある。 チヌを釣るための仕掛けは、釣る場所によって色々と変わってくるが、通常は底を中心に狙える仕掛けを準備する。 しかし、食いが立っている時や、マヅメ時などは、かなり底を切ったところでも当たるので、タナの設定はこまめに行いたい。 マキエは、沖アミを中心に、チヌ用の集魚材・オカラ・ムギ・荒びきサナギなどで作り、ツケエは沖アミ・サシアミ・虫エサ・エビのムキ身・紅シャコ(ボケ)・エサ取り」の多い時期は、ダンゴエサを使用すると良いだろう。 チヌを釣るためのポイントは、沈み瀬のあるところや、海溝・ワレなど潮に変化のあるところを狙ってみよう。 特に波止などで、流れてくるゴミがたまるところは、マキエもききやすいので、是非狙ってみたい。 アタリがあってもすぐに合わせず、糸が走り、竿を引っ張るくらいで合わせ、またチヌの雰囲気(突然エサがなくなる)がわかれば、もうこっちのものだ。

全遊動仕掛け

全遊動とは、ウキをミチイトへ固定せず、ウキ止めなしで仕掛け全体を沈めていく釣り方です。
基本的にはスイベルは使用せず、ミチイトとハリスは直結します。ツケエサはハリ、エサの重みだけでゆっくり沈み
ますから、ツケエサがマキエと同調している時間が長く、魚がツケエサをくわえても抵抗はほとんどゼロに近いため、
違和感無く食い込んでくれるのです。食うタナがわかりづらい、または足下に魚が見えるのになかなかウキに反応
が出ない時などは特に効果的な仕掛けです。
ではまず全遊動に使うウキについて解説してみましょう。
全遊動に使用するウキの浮力には、0号、00号、0α号があります。
まず0号のウキですが、これはミチイトとハリスを直結し、ガン玉を打たず、ハリにツケエサの沖アミのみで海面ギリ
ギリに浮きます。(ただし使用するハリス、ハリなどの大小によって状態は変わります)
ウキは浮かせたままで仕掛けのみを沈めて行く釣り方です。
次に00号ですが、これは同じような仕掛けでウキのみを変えた場合、仕掛けが馴染むとウキは仕掛け全体の重み
でゆっくり沈み始めます。このようにウキを沈めながら探っていく釣りに使います。
最後に0α号ですが、このウキは同じ仕掛けでウキのみを変えた場合、水面下ギリギリをサスペンド(浮遊)し、流
れに変化のあるところや潮目ではゆっくり沈降します。浮力は0号と00号の中間に位置します。
この他G5やG2浮力のウキも全遊動に使われます。これらのウキは、流れのあるポイントや中層に仕掛けを送り込
みたい時に、小さなガン玉を打ち仕掛けを送り込む時に使います。
いずれの場合でも全遊動釣法では、ミチイトの太さ、仕掛けを送り込むミチイトの操作が重要な鍵になります。
ウキの穴経が2?程度の場合は2号以下のミチイトを使うようにしましょう。
もしそれ以上の号数のミチイトを使いたい場合は、穴経の大き目のウキを使うようにします。
次にミチイトの操作ですが、一番考えなければならないのは、沈もうとする仕掛けを阻害する事項を排除するという
事です。
それはどういう事でしょうか?
つまりそれはウキよりも上の部分、海面に浮いている部分のミチイトを自然のまま流すという事なのです。
ミチイトにはフロート・サスペンド・シンカーと3種類の性質の違う糸があります。
全遊動に一番適しているのは、海表面を漂うフロート系のミチイトです。
しかし風が強い場合は、この糸は適さない糸になってしまいます。
ウキより上の部分にあるミチイトが風に吹かれてしまった場合、ウキから上のミチイトに上へ向かう力が加わり、沈
もうとする仕掛けにブレーキを掛けてしまいます。
またミチイトが風に押されウキよりも先行してしまった場合は仕掛けも沈んでくれません。
ミチイトは常にウキよりも流れの上手側になければならないのです。
こういったように風が強いような日にはサスペンド系のミチイトを使います。
サスペンド系のミチイトは、海面直下を漂うので、比較的風の影響を受けません。
そこで風のある日にはサスペンド系のミチイトを使います。
最後にシンカー系のミチイト、これはどういった時に使えばいいのでしょうか?
ウキを浮かせて使うウキの場合、ウキよりも上の部分が海面下に沈んでいると、合わせが遅れたり、アタリがうまく
伝わらなかったりします。
これはミチイトに余分なフケが出ているからで、こういった状態が良いとは言えません。
そこでこのシンカー系のミチイトは、ウキを沈めて使う釣りに使用すると余分なミチイトが出ないことになります。

釣り方

全遊動での釣り方ですが、全遊動の場合マキエにも気を使います。
全遊動は上から下の層までをくまなく探る釣りなので、マキエは軽いもの、重いものを混ぜ、上から下までの広範
囲にマキエがあるような状態を作ってあげなければなりません。
そこで沖アミに全遊動対応と袋に書いた配合エサ、または広範囲に効くとかスロープ状になるとかいった謳い文句
の配合エサを選びます。
またこれらの配合エサの中身を見てみると、色々な粒が入っているのに気づくと思います。
これらの色々な粒が早く沈んだり遅く沈んだりするわけです。
後は色々な配合エサを使ってみて、自分の釣りに最適な配合エサを選んでください。
釣り方はマキエを撒きその中に仕掛けを入れます。
そして追い打ちのマキエを撒き、ゆっくりと仕掛けを送っていきます。
しかしラインのコントロールをしないとなかなか仕掛けが入っていかないという現象も現れます。
その場合はハリのチモトにG5やG6の小さなガン玉を打ってみてください。
このガン玉1つで仕掛けが素直に入っていく事があります。
あとはフカセからまん棒の動きで仕掛けの入る速度を見てください。
全遊動の場合、マキエと同じような速度で同調させるのが正しく、仕掛けの沈む速度が速すぎると、クロは食ってく
れません。
その場合はガン玉をもっと小さくするか、ハリスにハリスウキをつけて沈みをコントロールします。
全遊動の釣り方をマスターすると、必ず釣果は格段に伸びます。

print