尾長グレ仕掛

磯釣りのスーパーターゲット!
狙え70cmオーバー!


磯釣り師ならば、一度は釣ってみたいのが尾長グレ(尾長グロ)。
60センチ、3キロを越すような魚になると、そのパワーは強烈なものがある。
釣り場は、男女群島や宇治群島、草垣群島などのスーパー離島となる。
この尾長グレ(尾長グロ)を狙う場合は、夜釣りと日中の釣りがあるが、夜釣りの場合、頑丈一点張りの仕掛けで狙おう。
尾長グレ(尾長グロ)は、光を極度に嫌う性質があるので、キャップライトの光などが、海へ当たらないように充分注意する。
取り込みの際も、ライトで海面を照らせば、魚はいっぺんに散っています。
そこで、太い仕掛けによる強引なやりとりが必要になってくるわけだ。
また、夜釣りで狙うポイントは、瀬際狙いが基本。
昼間はとても釣らないような、潮の緩いワンドなどに大物が潜んでいる。
日中の釣りでは、沖の潮目や本流を中心に狙う。
リールをフリーにするか、ベールを起し、スプールに指を当て、時折ブレーキをかけながら、仕掛けを流す。
アタリは、竿先にいきなりあらわれるか、コツコツとした前アタリの後に送り込んでやると、グーンと竿に乗ってくる。
後は、あまり糸を出さずに、竿の弾力を最大限に生かしながら、取り込もう。
さあ、スーパー離島のスーパー尾長に、一度アタックしてみよう。


print