タチウオ仕掛

「太刀魚」と書かれるように、上アゴより突き出た下アゴから尾の先までが1?1.5mにもなるこの魚は、まさに太刀のように長い魚。
またアゴには鋭い歯を持つ獰猛なフィッシュイーターでもある。
タチウオは、食い込みが遅い魚なので、ウキ釣り(エサ釣り)で釣る場合は、ウキが十分引き込まれてから合わせるようにする。
タナは、夜になると小魚の群れを追って浮上してくるので、浅めに設定するほうが良い。
テンヤ釣りの場合は、最初は底まで沈めて、できるだけ一定のスピードで、少し早めに巻いてくると良い。アタリがあったら、小さなアタリでもすぐに合わせることが大事。
注意することは、タチウオは歯が鋭いので、ハリを外す時はエラの後ろを強く掴み、ペンチなどを使って外すと良い。(ケガに注意)

print