サヨリ仕掛

紅をさしたホッソリ美人 は波止の人気者!
サヨリ釣り仕掛け



サヨリを釣る場合は、まずアミを水に溶かし、少量ずつマキエを撒く。
マキエがきいてくると、どこからともなく水面を泳ぎまわる細長い魚が現れる。それがサヨリだ。
エサは、サシアミを丁寧に針に刺して使う。
その他にも、小粒の沖アミ・ゴカイ・ハンペンなども使われる。
釣り方は、サヨリが泳いでいるタナにウキしたを合わせ、少量のマキエをしながら、なるべく魚を近くに寄せて釣るようにする。
アタリは、ウキが沈んだり、横に走ったり、浮きあがったりと千差万別。
ウキに変化があればアタリなので、小さく鋭く合わせよう。
曇天の日や多少波があるときは、水面に浮きあがらずタナが深い場合があるので、参考まで…。
この釣りのコツは、少量のマキエを切らさない事と、タナを合わせる事だ。



print