サビキ仕掛

防波堤での人気者!
サビキ釣り仕掛



サビキ仕掛けとは、アミエビをマキエにしてそのマキエの中に魚皮やスキンなどのついたサビキ仕掛けを入れ、エサと間違わせて釣る方法です。
対象魚はアジ・サバ・イワシ・コノシロ等々。
簡単な道具立てと釣り方も簡単なので、初心者には最適の釣りになっています。
このサビキ釣りは図のような仕掛けを使いますが、この釣りで肝心なのはマキエでまず魚を集める事です。
まず釣り始めはマキエを多めに撒いて魚を集めます。
プラドンブリカゴにアミエビを入れて仕掛けを海底まで下ろし、底に着いたら糸フケを取り竿を2,3回揺らします。
そしてアタリを待つのですが、最初のうちは2,3回揺らすとすぐに仕掛けを上げて次のマキエをします。
これを何回か繰り返すと、マキエの臭いに誘われて魚たちが寄ってきているはずです。
アタリは竿先に直接コツコツとあたったり、ウキが付いている時は、ウキがポコポコと踊ります。
魚が集まってくると我先にエサを喰おうとするので、ゆっくりと上げ、魚を追い食いさせてみましょう。
また良型を狙いたい時は、ウキをつけて、少し深めのタナを狙ってみるのも効果的な作戦です。
ウキをつけた時の狙うタナは、初めのうちは底付近を狙ってみます。
そして魚がハリに掛かる位置によってウキ止めを上下します。
サビキの上の方に魚が掛かる時はウキ下を少し浅く、サビキの下の方に魚が掛かる時はウキ下を深くします。
サビキ釣りは群れを逃さないように釣るのがコツ。
釣れだした時は手返し良く、効率的に釣りましょう!


print