メバル仕掛

春を告げる魚
誘って誘って大爆釣!



メバルは、藻場や捨石、岩陰などに棲み、小魚やエビ・カニなどを食べている。
この釣りのポイントは、狙う場所とタナ、そしてエサの動きである。
仕掛けは、エサが出来るだけ自然に動くように、軽い仕掛けを心掛ける。
ウキ釣りの場合は、その日の遊泳層を的確につかむ事。
またミャク釣りの場合は、エサを自然に流し、メバルからエサが逃げるような誘いをかけるのも効果がある。
アタリは、いずれもコツコツとした前アタリの後、グッと竿先に乗る本アタリがあるので、早合わせをせず、食い込ませて合わせる。
夜釣りでは、思わぬ大物が来るので、太目の仕掛けを使おう。



print