船かかり仕掛

釣りごたえ満点 高級魚を豪快にGET!
船かかり(ブリ・マダイ)仕掛






船のかかり釣りで、タイやブリを狙う場合、タックルは魚のサイズに合わせて選ぶ必要がある。
40cm前後のヤズ(ブリの幼魚)や、1キロクラスのマダイの場合は、ハリスも5号クラスで充分だが、大型の一発来る場合は、ハリスも最低8号以上とし、竿も頑丈な物が必要となってくる。
ミチイトは、場所によっては、100m以上流す場合もあるので、最低でも200m以上は巻いておきたい。
その場合は、電動リールの方が便利が良いだろう。(現在は主流)
この釣りで大切なことは、タナ合わせと、仕掛の流し方にある。
船頭が指示をしたタナに、きちんとウキ下を合わせ、仕掛がタナまで届き、ウキが立ったところで竿を振り、カゴの中のマキエを出す。
アタリは、大きなウキ棒ウキが、一気に引き込まれるので、大きく合わせ、魚の引きの強さに応じて巻き上げる。
大きな棒ウキが、豪快に引き込まれるさまは、見ていて非常に気持ちが良いものだ。

print