関アジ・関サバ釣り仕掛

狙え高級魚 大型クーラー満杯!
関アジ・関サバ釣り仕掛




いまや全国的ブランドで知られる関アジ・関サバ。
佐賀関沖から別府湾周辺で釣れるこの魚は、豊後水道の速い潮流により、身が引き締まり、味が良く、また魚体が大きいのも特長である。
釣り場は、30分程度船を走らせた比較的近場から、1時間以上の沖合い、また水深も40メートルくらいから、100メートルほどの深場まで、季節などによってちがうので、あらかじめ船宿に問い合わせ、使用するタックルを選定しておく必要がある。
サビキは、その日の天候や明るさなどによって、よく当たる物が違うので、何種類かを用意しておきたい。
釣り方は、アンドンカゴにジャンボアミを入れ、船頭の指示したタナまで仕掛けをおろす。
タナまで仕掛けが届いたら、2度、3度と竿を大きくシャクり、マキエを出す。
釣り始めは、魚を集めるために、この動作を手返し良く行なおう。
アタリは、ガツンという感じで竿に来るが、この時に大合わせをせず(口切れの原因になる)、魚の引きに合わせて、ゆっくりと巻き上げる。
釣れた関アジ・関サバは、必ず首を折って血抜きをおこない、クーラーに入れる。
こうすることによって、最高の魚を最高の状態で食べることができる。

print