シロギス釣り仕掛

ボートで手軽にキス釣り満喫!
シロギス(ボート)釣り仕掛



シロギスのボート釣りは、注意さえすれば、誰にでも手軽に行える釣りである。
竿は、釣り場の水深や潮の速さに応じて選ぶが、オモリ負荷の違う替穂先付の竿を選ぶと便利である。
釣り方は、エサを付けた仕掛けを、アンダースローで投げ、仕掛けが底についたら糸フケをとり、仕掛けを引きずるように手前へと寄せる。
アタリは、かなりはっきりと竿先に伝わってくるので、竿先を送り込むようにし、軽く合わせる。
アタリが無い場合は、投げる方向を変え、広範囲に探る。
それでもアタリが無い場合は、ボートを少し移動させてみよう。 エサは、青イソメ・ジャリメ(砂ゴカイ)などの虫エサを使用するが、いずれも活きの良いエサを使用し、エサが弱ってきたら、すぐに取り替えよう。
またクーラーの中にエサを保存し、少しずつ小出しにすることも大切なことだ。
ボート釣りは、海水浴場の貸しボートやゴムボートからも行える手軽な釣りである。
しかし、手軽に行えるだけに、注意を怠ると危険も多い。
救命衣は必ず着用し、気象条件にも充分注意しよう。
海がシケ気味の時や、天候が変わりだした時は、無理をせずすぐに引き返す勇気を持ち、安全に釣りを楽しんでほしい。

print