カワハギ釣り仕掛

エサ取り名人を狙い撃ち!
カワハギ釣り仕掛



エサ取りの名人カワハギを専門的に狙うには、それなりの仕掛けとテクニックが必要だ。
小さなアタリに対応するため、竿は先調子の竿を使用し、ミチイトは伸びの無い新素材の糸を使う。

(聞きアワセ釣り)
オモリが着底したら、すばやく糸フケを取り、すかさず合わせる。これでアタリがなければ、オモリを底につけ、再び聞き、アタリを待つ。

(タルマセ釣り)
仕掛けを底まで落とし、オモリを底につけたまま1m程仕掛けをたるませる。少し待ち、フケた分をゆっくり聞きながら、上げていく。

(タタキ釣り)
オモリが着底したら、糸フケを取り、竿先を上下に小刻みにゆらしてやる。その後、竿先を止めて聞きながら上げる。


print