手長エビ・ウナギ釣り仕掛

手軽に釣れて アジも最高!

手長エビ・ウナギ釣り仕掛




簡単な道具で手軽に釣れ、食べても非常においしいものに、川での手長エビとウナギ釣りがある。
手長エビは、その名の通り長く伸びた2本の手を上手に使い、エサを取る。
ポイントは比較的浅いところで、乱杭まわりや、捨石まわりなどにいる。
ウキ下は、エサが底につくようにセットし、アタリを待つ。
アタリは、ポコポコとウキが躍ったり、ゆっくりと沈んだりするので、竿をそっと立てる。
針掛かりしていない時は、水面まで来て針をはなすので、できればタモなどをかまえておきたい。
ウナギは障害物のあるところに隠れ、エサを待っている。
また、大きな川よりも、その川に流れ込んでいる小さな川を狙うほうがポイントを絞りやすく、釣果も上がることが多い。
特に、大雨などで増水した後は、かなり小さな流れの中にも入っているので、狙ってみる価値あり。



print