アユ友釣り仕掛

淡水の人気ナンバーワン!

アユ友釣り仕掛



日本独特の、友釣りという釣法に代表されるアユ。
10m前後という長い竿を使い、オトリを泳がせながら、なわばり意識の強いアユを釣り上げる。
この釣りに対する道具の進歩もめざましく、超軽量のカーボンロッドや、メタルラインの出現など、釣り人にとっては嬉しいかぎりだ。
しかし、釣り為の基本は何も変わっておらず、アユは石を釣れという言葉通り、石のハミ跡で、その川のポイント、アユの大きさを知ることができる。
九州の球磨川などは、30cmを超える巨アユもいるので、その川にいる魚に合った仕掛を用意しよう。
もちろん遊漁券の購入は忘れずに。
足元をしっかり固めて望もう。

print