お魚にまつわることわざ、格言

生活の中から生まれたことわざは、数あれど、日本人は世界一、魚類を食している民族なのだ。そんな生活の知恵が生んだ魚にまつわることわざを並べてみた。これ以外にみんなで魚にまつわる諺を作ってみよう。

秋サバは嫁に食わすな

サバは秋になると脂が乗って美味しくなります。嫁に食わせるのは惜しい、という姑の根性を云ったものとも言われていますが、その言葉の裏にはお嫁さんに対する愛情もうかがえますね、(塩焼き、ヌカ炊き、味噌煮、ゴマサバ茶漬け、〆サバ等など)

アイゴの隠し針

アイゴは毒魚の中でも最も、毒性が強くヒレの至るところに毒針があります。表から見えないところに隠し針があることから、見えない所で悪事を働く事をたとえてのこと(これは勝手に作りました)

アンコウの待ち食い

アンコウは暗い深海にジッとしていて背鰭のちょうちんをゆらゆらさせて魚を誘惑し、近づいてきた魚をその大口でパクリとやる。だから、自身はデーンと座って動かず目の前に並べられたものを片ッ端から平らげるようなことをいう。会社にもたしかこう言う人いたな!そういえばおいらも、か~ちゃんの胸のボョョ~ンにだまされた。

アカエイの吸もの、タコの足

夏が旬の食べ物、という意味のことば(アカエイの吸物?タコは照りダコと言うのでわかるがアカエイはちょっとねぇ、今度釣れたらたべてみよ)

秋カマス嫁に食わすな

カマスの旬は秋、秋サバと同じたとえ(カマスは干したものに限るね、一夜干し最高です!)

いわしの頭も信心から

つまらないものでも信心次第ではそれなりの価値を生む「信じる気持ちがあれば… 何かを信じる純粋な気持ち…うすくなったな~!

いわし七度洗えばタイの味

タイは淡白な味ですが、イワシは脂肪が多く生臭いことから、生臭味をおとせば、イワシでも万ざらではない。タイに匹敵する、という意味です。(たしかに今のイワシは高級魚、いわしハンバーグ大好き!これってゴボウのそぎ切りが愛称イイね)

イワシ目ただれサバ腐れ

イワシなどは鮮度がおちると、とくに目が血走ったようになることからのたとえ、鮮度を見分けるための秘訣だ!おいらも血走っているけどそろそろ棚おちか?

磯のアワビの片想い

アワビは巻貝だから、殻を二つ持たないため片方の貝に見立てて、片想いの恋愛?あわびは巻貝の仲間でも蓋が無いから同じ殻がもう一つあれば…なのか?

磯のカサゴは口ばかり

カサゴ類は頭が大きい割に身の部分が少ない(頭でっかちなんとやらと、ちょっと違うか)でも、味は一流、から揚げ、味噌汁、お造りなどたまりませ~ん。

一網打尽

一つの網で根こそぎ魚を捕獲することから、犯罪者を一挙に捕らえたときなどの事そうか逃げ場を無くして取り尽くす。これは資源が荒廃するわ、必要以外はリリースしよう。

魚の目に水見えず、人の目に空見えず

あまり身近にあるものは、どんなに価値があるものでもその価値がわかりにくいということ,いつもおいらの横で支えてくれた人、「灯台下暗し」遠くばかりに目がいって、身近な愛に気づくのが遅かった!かおるちゃん…ちょっと違うような気がするけどいいことにしょう

魚は殿様に、餅は乞食に焼かせろ

食べ物の焼き方を教えた諺で、餅は焦げやすいので、何回か返しながら焼いたほうがふっくら焼けるが、魚は半身を七分どおり焼き上げてから裏返すのが良く、せっかちに裏返せば身が崩れる。昔の人はいいこと言ったね、アユなんかは強火の遠火で焼けばおいしいっす!

海背川腹

魚の焼き方の順序を諺にしたもの、川魚のように脂肪の少ない魚は開きにした身の内側を先に焼く、海の魚は皮の方から焼けばよいと一般的にはいっているが例外もあるようです。ちいっちゃいころ、おふくろが病気がちでおいらが炊事洗濯していたな…思い出したよ、むかしを、バス代が10円~15円?の時代、もちろん洗濯機なんかあるわけがない、たらいに洗濯板をおいて、真冬の雪の降る中、親孝行をしていたぞ、このころはみんな働いていたと思う、男のおしんかも…

内ハマグリの外シジミ

内弁慶、外弁慶の例え、会社ではハマグリのように大きな顔をして威張っているが、外ではシジミのように小さくおとなしいこと「おかあさんハマグリ、おとうさんシジミ」

独活(うど)とニシン

ウドの酢味噌和えにニシンを添えると、より一層美味になることから、夫婦仲の良いことをたたえたもの おいらもこんな夫婦を夢見ていたが現実は(泣き)おいらが悪かった~

ウツボとタコ

生涯の敵同士(天敵)油と水、犬とサルなど会えば必ず喧嘩をする。食うか食われるかの戦いだが、「ウツボの餌になるのがタコ、タコの餌になるのがカニやイセエビなど甲殻類だ」

魚心あれば水心

相手の好意が感じとれれば、こちらもその相応の好意を持つたとえあの子の好意が感じ取れれば、おいら、一気に攻めるよ、でもね、その気配無し「みだれがみ、たたいてみても、毛配なし」リー毛21…アートねぃ茶―?

鵜川の小アユ

鵜飼をする川に住む小アユのように逃げ切れないという意味のたとえ

丑の日のうなぎ(土用の日)

夏ばて防止に栄養価の高いうなぎを食べれば元気になる。「丑の日」いつごろ誰が考えたか分からない。多分うなぎ屋さんだ!バレンタインもチョコ屋の販売戦略?

海に千年山に千年

海千山千ともいう、多年、善悪いろいろな経験を積み、悪く言えばずる賢いこと海広くして魚の踊るにまかす度量の大きいことのたとえ、(水広ければ魚遊ぶ)ともいう。こんな人少なくなったよね、せこい人がいっぱいだ!

魚を争うものは濡れる

利益を得ようとすれば、それなりの苦労がある、ということえ 

海老でタイを釣る

タイ釣りの餌にエビが最も良い、転じて、わずかの手元で大きな利益を得ることをいう(エビタイ)ともいう「西洋の諺にも小魚を投げて大魚をつかめ」など エビで釣れなかったあの子は何処へ、今だったら、たくさんのマキエを撒いて…つれたかも

沖ハマチ

あてにならぬこと(ハマチは回遊魚です。いつ来るかわからないたとえ)あの馬に相当つぎ込んだな~買わなかったら連に絡むし、この馬が沖ハマチ(怒)

沖の物を獲らんとして岸の物を逸す

沖は大漁を、岸は小魚を意味する。大きな利益を得ようとして、わずかな利益をも逃してしまうこと

及ばぬコイの滝登り

無理しても、できないことのたとえ

カニ食ってもガ二食うな

ガ二はカニの(鰓)エラで、いくらカニが美味しくとも、鰓まで食べることはない、毒は無いが寄生虫などつきやすく汚れている(一見美味しそうだが…実は食べて見たスカスカしていたぞ、味も無かった)

カニは甲羅に似せて穴を掘る

カニは自分の大きさにふさわしい穴を掘って生活している、ということで、身分相応の仕事、振舞いをするものだ

寒ブリ・寒ボラ・寒カレイ

最も美味しい魚の旬を諺にたとえたもの、寒鮒、寒スズキなど

貝を以って海を測る

小さな貝で、海水の量を測ることはできないことから、見聞が狭く、知識の浅いものが大きな問題を議論することにたとえたもの

カニの穴這入り

あわてふためくことのたとえ

カニの念仏

カニがぶつぶつ泡をふくように、口の中でぶつぶついうこと。ひょっとして野球選手の桑なんとかさんも投球モーション前にブッブッいっていたぞ、しかし、うちの上司カニのカンヅメだ、何も言わなくなった。

カニの横這い

大半のカニは横這いで敵が現れるとすばやく横に逃げる習性がある。このことになぞらえ自然に逆らわずに行動することが得策であるという意味。泥棒が壁伝いに横に忍び足で歩くのも横這い(夜這いも横這い?)みんなやっちゃだめだょ!「お手手が後ろに回るよ」

壁に塗られたタニシ

動きがとれないことのたとえ

カマスの焼き食い一升飯

鮮度の良いカマスを浜で焼いて食べれば、食欲は限りないということ(イワシの焼き食い一升飯)昔おふくろが馬鹿の三杯汁なんて言っていたな、お袋の苦労もわからず食べたいだけ食べてた俺、反省遅し

漁夫の利を占める

シギ(くちばしの長い鳥?)がドブカイと争っている内に両方とも漁夫につかまってしまったことから、両者が争っている間に第三者に利益(おいしいところ)を奪われること。

金魚にボウフラ

好物をそばにおいて置いては気が許せないこと(猫に鰹節)

金魚のうんこ

金魚の糞が長く連なっていることから、人の後ろからはなれずついて回る様をいう

キタマクラでお寝んね

キタマクラというフグは猛毒で、間違って食べたら北枕でおねんねになる。毒魚に対する格言

腐ってもタイ

質の良いものは少々質が落ちても、その本質や価値が残っている

グチをこぼす

ぶつぶつ不平不満をこぼすこと、グチ(イシモチ)は釣り上げるとググー鳴く事からのたとえ

コイが踊ればドジョウも踊る

自分の身のほどを忘れ、他人の真似をしょうとすること

ゴマメの歯ぎしり

ゴマメとはカタクチイワシの幼魚を干したもの、力のないものがやたらと憤慨する事(非力の者がいくら気バッテみてもムダな事)

鯉こく食べれば乳が出る

コイの栄養価の高いことの言い伝え

コイの滝登り

人の立身出世をたとえたもの

サバを読む

サバを読むにはいろいろな説がありますがここではこの説を、サバは腐りやすい魚なので、急いで数えて売りさばく必要があるから、そのときに数をごまかすことが多かったから、自信が無いのにある程度大まかな予想を立てる?

サバの生きぐされ

サバの肉質は柔らかく、血合い血管が多く傷み易い、新鮮に見えても気をつけろという諺

三月ヒラメは犬も食わぬ

春先、ヒラメは産卵のため接岸するからたくさん獲れます。しかしこのころのヒラメは産卵後で美味しくないことの例え

秋刀魚が出るとあんまが引っ込む

秋の秋刀魚はまさに旬、これを食べれば元気になり、あんまにかかる必要もなくなる

桜が散ったらカキを食べるな

春先の桜が散り暖かくなると牡蠣は産卵にはいり、味がおちるし、傷み易いやっぱり牡蠣は寒牡蠣にかぎるね

サルの水練、魚の木登り

まったく見当違いのことをする様

秋刀魚に大根おろし

味の取り合わせがよいこと

魚の釜中(ふちゅう)に遊ぶが若し

釜の中の魚が釜の水がやがて熱せられ、煮られる運命になる。そうとも知らずにのんびり泳いでいる(蛙の死…カエルが暖かいお湯の中で気持ち良く泳いでいると、そのうち気がつけば熱くなって…物事が調子よくいっているときは浮かれて周りが見えず、浮かれすぎ気がついたときは時既に遅く、なんてね、バブルが弾けたことが象徴しているね)

じゅん菜でうなぎをつなぐ

どちらもぬるぬるだから、つかみようがないじゅん菜で縛りようがない、ぬらりくらりして要領を得ないこと

鮨の辛味はワサビに限る

刺身、洗い、すしにはワサビの辛味がぴったりだということ、カツオやアジのたたきにはワサビよりショウガの辛味が合う

鮨はコハダに止めを刺す

コハダの鮨が一番あきがこないから、ということと、コハダは生くさいので他のものに味を移さないために、最後に食べるのが良い、ということをいうた

タラ汁と雪道は後が良い

タラ汁は、煮れば煮るほどタラがバラバラになって美味しくなくなるということと、大勢が通ったあとの雪道は踏み締められて歩きやすいということをかけ合わせた諺

タラ腹食らう

タラは何でも食べる貪欲な魚なので、これになぞえて、腹いっぱい食べることをいう。

大魚は小池に住まず(流れに大魚なし)

大人物はつまらないことであくせく働かないということ

タイの尾よりイワシの頭

大きいところに属して後ろについているより、小さいところの長になったほうが良い

タイも独りは旨からず

どんなご馳走でも、独りでポッンと、食べたのでは美味しくないこと、雰囲気も味のうちであるということ(ぅ~ん、確かにさびしいもんね、早く嫁さんもらおっ~と!)

タコの糞で頭に上がる

自分だけはいい気になっているが、他からはいやしめられるたとえ

タコの共食い

仲間同士がお互いに利益を得ようとして、共倒れになること(ひょっとしてパチンコもこれかな?)

タイやヒラメの舞い踊り

高級魚が次から次に釣れたときの喜びをたとえたものか、クラブでかわいいね~ちやんがおいらの周りになぜかいっぱいの現象?

月夜のカニ

カニは水底に写る自分の姿を恐れ、身がやせるという伝説がある

釣り逃した魚は大きい

釣り上げそこなったものは、より過大に評価したくなるというたとえ(逃した魚は大きい)

照りゴチ照りダコ

コチとタコは夏が旬、水潮に弱く、梅雨は大の苦手、カーッと、熱くなるとよく釣れることをたとえたもの

とどのつまり(オボコ、イナ、ボラ、とど)

ボラが出世魚として最後にとどになるから、“つまるところ”、“結局”などの意に用いられる副詞(おいらの嫁はんオボコやったのに、今やトドだ!)

とにかくメダカは群れたがる

メダカのように弱小のものは群集を作ることで安心する

菜種フグは食べるな

菜種の花が咲くころはフグの産卵期に入り、卵巣に毒を持っているふぐは更に毒性が増すことからのたとえ

夏座敷とカレイは縁側が良い

カレイの縁側は、背ビレ、腹ビレの付け根にある細い柱のような肉のある部分のことで、この部分の肉は身がしまっており、特に美味であることを、夏座敷の縁側とからげて言い表した諺

夏のハマグリは犬も食わぬ

夏はハマグリの産卵後にあたり、味がおちることを示した諺、(三月のヒラメは犬も食わぬ)

夏はカツオに冬はマグロ

カツオとマグロの旬をあらわした諺

ニシンに昆布

とりあわせが良いことの例

塗り箸でナマコ(うなぎ)はさむ

塗り箸はすべりがよく、ヌラリとしたナマコははさみようがないことから、転じて無意味な骨折りをさす諺(塗り箸でうなぎをはさむ)

猫にサザエ

手が出ない、どうしょうもないこと

猫を追うより魚をのけよ

枝葉の面の工作をするよりも、物事はその原因を考え対処したほうがよい、ということ

猫にカツオ節

鰹節のような猫の大好物を、猫のすぐそばにおいておけば、いつ食べられるかわからない、このようなことから、間違いを起こしやすい状態を言う

喉元すぎればタイもイワシも同じこと

食べるときの味は違っても、胃の中に入ってしまえば全く変わり無いと言うことを転じて、ある程度以上では物の差があまりなくなるという諺

畑にハマグリ

手にいれにくいことのたとえ、見当違い、出来そうに無いことを望むこと

ハゼの洗いは嫁に食わすな

秋サバは嫁に食わすなと同じハゼば飛んでも一代、うなぎはぬめっても一代どのような生活をしようとも、一生はみな同じであるということ

花見すぎたらカキ食うな

5月~8月は牡蠣の産卵期に入り、味がおち、温度の上昇により痛みも早い

ハモ一期、エビも一期

ハモのように滑るように泳いでも、エビのように飛び跳ねる一生を過ごしても、所詮、一生は一生であるということ

左ヒラメ右カレイ

ヒラメとカレイの区別は、色のある側を上にしてみたとき、眼が(頭が)左側になればヒラメ、右側にくればカレイ(違うのもおるかも)

彼岸の中日にハゼ食べれば中気にならぬ

秋のお彼岸頃に釣れるハゼの旬(美味しさ)を伝えた俗説

人は武士、柱はヒノキ、魚はタイ

武士の身分、つまりエリート性をうたったもの

ひょうたんナマズ

のらりくらりしてつかみ所が無い、要領を得ない

ヒラメ40

ヒラメを釣るときは、魚信があっても慌てず40秒待つぐらいの気持ちでないと釣れない。でもね、場合によっては一気に飲み込み、竿が締め込まれる、これは本当たりだから合わせるべき、確かにヒラメは餌のイワシやアジを咥えてから少しずつ呑みこむようです。だから早合わせはバラシの元になるということ

フグ一尾に水一石

フグは肝臓、卵巣に猛毒があるので内臓を除いてから、水で良く洗い流すという古い伝承

フグ食う無分別、フグ食わぬ無分別

毒があるからといって食わず嫌いになるのも、不注意にフグを食うことも、分別が無いということ

フグ食いたし命は惜しい

フグの味の良さと、その毒の強さをうたったもの、転じて、利益もほしいが損もしたくない、両立しないたとえ

俎板(そじょう)のコイ まな板のコイ

コイを俎板の上に乗せると観念したかのように、動かないで堂々としている様。いざというときに慌てずに肝の据わった行動をとる。

水清ければ魚住まず

あまりにきれいな水には、魚が住んでいないことから、あまりに頭の切れる人には他人が近づかないこと、おいらの周りには集まるから、ひょっとして頭が切れていないと言うことか

水積もって魚集まる

水がたくさんあるところに、自然に魚が集まってくるように、金儲けできそうなところには自然に人が集まってくる

麦の穂が出たらアサリ食うな

アサリ、ハマグリ、牡蠣など二枚貝は、夏には中毒になりやすいので食べないほうが良い、又、味もおちる。 浜辺にハマグリがあれば真夏でも拾って持ってカエル

麦ワラタコに祭りハモ

初夏のタコと夏祭りの時季のハモ料理ということで味がのっている(旬)この時季のタコやハモがいかに旨いかとたとえ

メバルの夜遊び

メバルは一般的に昼は物陰に潜んで、夜になると活発に活動する。これを人にたとえると、昼は、どこにおるか分からんが、夜になると俄然張り切りる夜光型人間!こんな人達のこと

焼き魚は強火の遠火

魚を上手に焼く場合は、強火の遠火で短時間に焼き上げると水分やうまみが逃げないが近いと皮ばかりが焦げてしまうので魚を美味しく焼くコツをたとえた

柳の下にいつもドジョウはいない

一度良いことがあっても、同じことはそうそうにない(昨日釣れたからと言って同じ場所で今日も釣れるとは限らない)でも行くんだなこれが人間は欲の塊だ

山の芋変じてうなぎとなる

身分の低いものが出世するたとえ、突拍子のないことのたとえ

山笠にタコ踊る

山笠は夏の風物詩、夏がくればタコが美味しくなるたとえ