一投必釣(これ必見!あなたも釣れる人の仲間入り

そこまで高度な技術は望んでいない!しかし、ボーズはご免だ!「なぜ釣れる人と、釣れない人」がいるのか?そのなぞにメスを入れる。
これ必見!あなたも釣れる人の仲間入り

磯、防波堤編(上物)

 

 

1.エサに拘らない。(エサ取り対策)

1.最高のエサを求める。状況を把握していくつかのエサを準備している。

2.仕掛けに拘らない。(我流では釣れない)

2.自分で納得した仕掛を作る

3.投入技術が(仕掛け、マキエ) が不足(ポイントに投入できない)

3.狙ったポイントに正確に仕掛けやマキエが投入できる

4.道具に拘リない。

4.道具にかなり投資をしている

5.魚種によるマキエの選定が間違っている。

5.釣魚によるマキエの選別が適確である

6.潮を気にしていない。(じあいのチャンスを逃す。朝マズメ、夕マズメ)

6.チャンスを逃さない。徹底して責める

7. ポイント選びが出来ない。

7.経験で学ぶ、何度も釣り場に通って知識を得る

8. マキエとサシエが同調していない。

8.常に頭の中でイメージを繰り返す。

9. マキエをしない。

9.マキエにも拘りを持ち、量も多い

10.仕掛け投入の飛距離がでない。

10.遠投できる技術を持っている

11.雑魚(フグ・アジ・すずめダイ・べラ)など にエサを取られても、ウキを見つめている。

11.手返しが早く、針にエサが付いているか否かの判断ができる。常にウキの変化を気にしている。

12.あわせに力が無い、切れが無い人)

12.力強く、しかもシャープに合わせを入れる

13.早合わせの人。

13.魚種によっては、じっくり食い込ませる。あせらない

14.聞き合わせをしない。(居食い)

14.意外と魚は居食いの状態が多くあるため、鋭く小さく合わせを入れて仕掛を上げたり、聞き合わせをする

15.魚の生態を知らない。

15.魚が住んでいる環境や行動パターンを知っている

16.ぼんやり仕掛を流。

15.魚が住んでいる環境や行動パターンを知っている

17.競争心が無い。あきらめやすい。

17.隣の人が先に釣ったらカッカする。次の手を考える。

18.釣っている人の仕掛を見ない。

18.釣れている人の仕掛け、エサ、タナなどを瞬時に盗み見て手直しをする。

19.仕掛け・エサに気を使わない。

19.常にハリス、特に結び目をチェックし、エサの鮮度にも気を使う。

20.道具を片付けない。

20.道具はきちんと整理し、必要な物はすぐに取り出せるようにポケットに入れ、タイムロスを無くす