釣道具のメンテナンス

リールのメンテナンス

?スプールを外して、布で拭く程度で良いと思います。

?海水がかぶったなら、水道の水で本体を洗って下さい。良く拭きあげて「ハンドル、ベール、ストッパー、ビス」など、良質のオイルを注入して下さい。

?分解は極力避けて、短時間でも海水の中に浸かった場合に分解を行いましょう。但し、構造が複雑で繊細な部分があるのでメーカーに出す事も必要です。

?糸を巻いているスプールですが、ぬるま湯を流しながら塩抜きを行って下さい。水分を取って乾燥させます。糸の劣化が始ったら、早めに交換しましょう。高切れの原因になります。

?最後に全体にボナンザで拭きあげて下さい。

竿のメンテナンス

アウトガイドの竿 

1 ガイドは常に清潔にしておきます。使用後は、ぬるま湯とブラシで汚れを洗い流して下さい。ガイドが傷つくとライントラブルが発生します。

2 さて竿の本体ですが、ガイドカバーを付けたまま、尻栓を外してぬるま湯を流し込み(シャワーなど)汚れや塩分を除去します。リールシートの内側などもブラシで軽く擦ってください。

3 乾いた布で拭いて乾燥させます。

4 最後にボナンザで拭いたら出来上がり。これでべた付きなど解消されます。

 

インナーロッド

1 竿尻栓を外し中間のインナーガイド、トップガイド(ネジ式のもの)全てを外します。

2 ぬるま湯(シャワー)を竿の中に1?2分注ぎ込みます。(塩分ゴミを除去)

3 乾いた布で拭きますが、中は水滴が溜まっていますので竿を振って水滴を出します。乾燥に2?3日要しますが、完全に乾燥をさせて下さい。急ぐ場合は、ドライヤーの熱を送り込めば早く乾燥します。

4 外側は、ボナンザで拭い下さい。中は乾燥してから、インナー用スプレーで撥水性を保持して下さい。高級ロットの場合は、撥水効果保持のメンテナンスも有料でおこなっているようです。

 

固着した竿を元に戻す(振り出し竿編

1 先ず、尻栓を取って、上から真っ直ぐに強く床に叩きつけてみます。(振り出しのヘラ・渓流竿は下尻を取って中のパーツを全部出して固着した部分のみを上から床に打ちつけてみます)

2 これで取れなかったら、ガイド付きの竿は、固着から上のガイドを全部外します。

●ガイドの外し方

? トップガイドをライターであぶって取ります。この場合、焼きすぎますと1センチ程度が破損しますので、あぶっている段階で少し煙が出たら、火を止めて布切れかペンチなどで抜いてください。

? 2番目のガイドからは、下栓を抜いた状態で2番だけを上から落とす状態で打ちつけて下さい。余り強く行うとガイドが破損します。もし、取れなかったら、ドライヤーでガイド部分を暖めて布切れで左右に動かしてください。(熱湯に浸けてもOK)
? 3番?固着しているパーツの上まで同じ動作でガイドを外して下さい。

3 固着部分にオイルを塗って竿尻から床までの距離を50cm程度とって上から下に向って強く打ちつけます。その場合、打ちつけた部分が破損する恐れがあるので床にはタオルや新聞などを敷いておきます。これを何度も繰り返してください。

4 これでも取れないと時に使う最後の手段
ここまでの行程は同じですが、今度は、水とドライヤーを準備して下さい。固着した部分にドライヤーの温風で膨張させます。直ぐに水で冷やして(収縮)、3番の動作(打ちつける)これで取れなかったことは無かったと記憶しています。くれぐれも、破損に注意を払って下さい。これでだめならメーカーに修理をお願いしましょう。

 

固着した並継ぎ・インロー継ぎの外し方

?意外と取れそうで無理をして破損するケースが多いです。又、破損すると修理は不可能で、パーツ代も高額になりますので慎重に外しましょう。

?並継ぎ竿は、引きぬく作業になります。引き抜く時にねじれが入れば必ず破損しますので絶対ねじらないように、固着箇所にオイルを垂らし、2名でゆっくり力を入れ左右に引き抜き気味に動かして見ましょう。

? ?の方法で外せなかったら、いよいよ「膨張と収縮」の原理を利用してチャレンジして下さい。(ドライヤー、又は、ライターなどで熱し、冷たい水に直ぐに浸けて?の動作を試みてください)現場での固着は持ち帰るのも大変ですね、しかしほとんどが現場ですから、知っていると役に立ちます。

 

クーラーのメンテナンス

?ワンタッチで外せる外蓋や魚投入口など外して、柔らかいスポンジに食器洗洗剤をつけて、ぬるま湯で汚れを除去しましょう。

?内部はキッチンファイターなど塩素系の洗剤を適量入れ、水を一杯に入れて5?6時間おくと完全ではないが汚れ臭いが取れます。

?水栓を外して布で拭いて乾燥させます。クーラーの中に木炭など入れておくと湿気と臭いを吸収してくれます。