そたかずの釣りの『から騒ぎ』♪♪

2017年10月09日 13:03 

松江店 祖田

皆さんこんにちは

この季節がやって来ましたね!



いろんな釣り物が増え楽しい時期ですが

皆さん人気はやはり

『アオリイカ』

ですね

わたくしも過去アオリイカを始めた位の時、何度通っても全く釣れず道路のシミがイカ墨に見えると言った幻覚が見える程にのめり込んでいた事がありましたが…(笑)

そんな時出会った釣り

『ヤエン』


この釣りの奥深さ

やばいです(笑)

と、言った訳で今回は『アオリイカのヤエン釣法』をお送りします

ヤエン釣法も色々なやり方があるかとは思いますが

自分はシンプルに

釣ったアジに針を刺し泳がせアタリをまつ!

針でなく結ぶ方法もありますが過去にエサを全て食べられ投入したヤエンを失った事があるので今回は針を使用します
アジが弱りにくいのは勿論結ぶ方ですが


てな訳でエサとなるアジを釣ろうじゃありませんか

沢山は必要ないので使う分だけキープし早速海に放ちます



この釣りの楽しい所のひとつが竿先の動きです

ケミホタルをセットし穂先の動きに注目します



アジが泳ぐのをさぼると動きが悪くなり、イカに追われると激しく動きます

泳ぎが悪い時は少しラインを動かしてやると泳ぎだしたりします

そんなこんなで穂先に注目してからしばらくの後

穂先が慌ただしく動き始めます

アオリ接近中です!!

第一ドキドキポイントですね

更に激しく叩く穂先!!

しばらくすると穂先がピタッと止まり海中に糸が引き込まれドラグの音が鳴り響きます

この瞬間がヤエンの第二ドキドキポイントです!!

次はヤエン投入が待っています



でもでも

慌てるのは禁物

しっかりアオリにアジを堪能させます

アオリがアジを食べる事に夢中になるタイミングを伺います

そしてそのタイミングがきたらば

ヤエン投入の時です!!

この瞬間が第三ドキドキポイントです

そしてヤエンがラインをつたってアオリイカの元へ到達する瞬間!!

最後にして最大のドキドキポイント!!

水中でのヤエンの動きをイメージし…

到達の瞬間に伝わるひったくるアタリ!!

このアタリをしっかり乗せれるかが鍵です

そしてしっかり乗せる事に成功したらばあとはアオリイカにご対面するのみ♪



とは言いつつも乗せてからのバラシも多々ありました(笑)



なにはともあれ

魅力とドキドキに満ち溢れた『ヤエン釣法』

皆さんもこの秋チャレンジしてみませんか?

詳しくはお気軽にお尋ねください♪

このドキドキ、癖になりますょ(笑)

今回使用した竿は



ポイントオリジナル『HIBIKI 小継 SAGURI 300』


短めで取り回しも良く
鉛負荷も3~10号と広く使えてオススメです!!



それではまた行って来ます

ではでは

この竿ですけんね