トップ > 店舗ブログ > OSAKANA KITCHEN~チヌのムニエル~

OSAKANA KITCHEN~チヌのムニエル~

2019 / 08 / 05  受付


皆さんこんにちは!nozomiです🍒もうあだ名は諦めました。笑

8/3、8/4は👘夏の陣クライマックス👘ということでどのお店も大盛り上がりでしたね~~🎆✨お祭りみたいで毎年ワクワクする2日間✨
貴重なお休みにポイントへお越し頂いた皆さんに心から感謝申し上げます💓ありがとうございました!

私もちゃっかりお買い物をしてノベルティGET~~!💕今回はとっても可愛いメジャーロールシート✨この夏大活躍間違いなしです🌴✨

さて、今日はOSAKANA KITCHEN初登場!チヌレシピをご紹介したいと思います🐟✨

私もお恥ずかしながらチヌはポイントに入社してから初めて捌きました💦地域によってはチヌ、クロダイと呼び名が異なりますが、トゲがあるのが特徴です。あとはなんと言ってもあの白銀のかっこよさ!!!個人的にもずっと憧れのお魚の一つです✨
そんなチヌですが、食すとなると捌きづらかったり臭いが取れにくかったり、少し手こずってしまうかもしれません。web検索するとこんなキーワードも・・・美味しいのにもったいない😭💦


なので、今日は臭いの気にならない下処理方法、より美味しく食べれるソースの作り方をご紹介したいと思います ♪ちなみに・・・今回のレシピでちょうど10回目!✨6/1からスタートして約2ヶ月、本当にあっという間でした🌷色々なお声を頂き嬉しい限りです!いつもお読み頂いている皆さんありがとうございます~~😍💕好

Recipe10  チヌのムニエル~トマトカレーソース~
⏰調理時間:25分 調理の難易度:★★☆☆☆



<材料>(2人分)

~食材

・チヌ 1匹
贅沢に一人半身ずつ!食べ応え十分でした!
・ホールトマト缶 1/3~
トマトケチャップのみでもOKです。
・たまねぎ 1/2個
みじん切りにして使います。

~調味料

 塩コショウ 少々(チヌ下味用・塩もみ用) 
 薄力粉 大さじ1~2 
 バター  20g 
 カレー粉  小さじ2~3 
 ケチャップ 大さじ1 
 コンソメ 小さじ1/2 
 ウスターソース                 大さじ1 
 塩コショウ 少々(ソース味付け用)
 お水 50~100ml    

~作り方

1 チヌはウロコ、内臓、血合いを取り除く。チヌもマダイ同様ウロコが硬く大きいのでビニール袋推奨です!スプーンで取ると一番早い気がします。血合いは竹串(爪楊枝でも可)を7.8本束ねてガリガリすると綺麗に取れますよ!頻繁に使わない方は衛生的にもブラシより良いかと。立派なチヌを頂きました!

2 下処理ができたら三枚おろしの前にここでポイント。チヌは雑食で釣れた場所によっては臭みが強いので必ず臭み取りをしてください。と言っても面倒な処理ではなく、お塩をチヌ全体に馴染ませながらこすりつけていくだけ。だんだんぬめりが出てきますので、冷水で流しながら続けてください。その後、三枚におろして腹骨・小骨を除去。半身をそれぞれ二等分ずつにカットします。ムニエルは皮がついていた方が美味しいので残します。まだ身に生臭さが残っている場合は、身にも振り塩をして約10分放置します。この間に玉ねぎをみじん切りにしておきましょう。
3 水分が出てきたらペーパーで軽く拭き取りバットに並べて塩コショウをまんべんなく馴染ませます。今回はソースの味が濃いので薄めでOK。次に両面に薄く薄力粉をまぶします。余分なお粉ははたいて落としておいてください。
4 フライパンにバターを入れ中火で溶かします。焦げないようにご注意を!バターが溶けたら皮目からチヌを焼いていきます。焼き色がついたらひっくり返して反対側も。両面が焼けたら一度お皿に出します。
5 次にソース作り。チヌの臭みを緩和するには何が良いだろう?とバジルやレモン、お醤油と色々候補はありましたが、今回は夏らしいカレーソースにしました!相性の良いトマトと合わせて作ります。
チヌを焼いたフライパンにみじん切りにした玉ねぎ(お好みでにんにくも)を入れ軽く炒めます。水分が出てきたらトマト缶、コンソメ、カレー粉、ケチャップ、ソースの順に調味料を入れ、一煮立ちさせたら完成です。塩コショウで味を整えてね。お好みで溶けるチーズや生クリームを入れても美味しいかも!

お刺身でも煮付けでももちろん美味しく頂けますが、ムニエルもおすすめですよ~♪

ちなみに!以前釣りコミュニティアプリで”ギター弾きアングラー様”よりご質問を頂きましたが、カレールゥではなくカレー粉が売っています!私が昔から愛用しているのはS&Bさんの「赤缶カレー粉」💓サイズも選べてほんとーーーーに重宝します!普通のスーパーにも売っています よ♪お料理の味付けはもちろん、マヨネーズと混ぜてディップソースを作ったりパン粉に混ぜてカレーフライを作ったりパン生地に練りこんだり、とても使いやすいのでおすすめです✨

pointまとめ🐟
☑臭み取りには必ずお塩を!
☑お魚の種類によって置く時間を変える
→脂の多い青魚は30分、白身魚は10分目安
☑出てきた水分はキッチンペーパーで拭き取る
→そのままにしておくと臭みが残ります
☑薄力粉はつけすぎない
→焦げ付きやすくなります
☑バターが十分溶けてから焼くこと
☑調味料は粉物から量る
→洗ったり何本も使ったりしなくて済みます
ちなみに大さじ1=小さじ3☀

自分で作っといてなんですが、この食べ方最高に美味しかったです😭💕
おもてなしにも最適ですしカレーソースは他の魚介はもちろん、お肉やお野菜にもぴったりなのでぜひお試しくださいね✨💓

 

nozomi

一覧に戻る