トップ > 店舗ブログ > OSAKANA KITCHEN~マダイのピラフ~

OSAKANA KITCHEN~マダイのピラフ~

2019 / 09 / 17  受付

皆様こんにちは!nozomiです🐟🌷

最近暑さが和らぎ秋めいてきました✨我が家の食卓も温かいものが増えてきましたよ🍴

とは言っても釣場のお天気はコロコロと変わってしまうもの・・どうぞ健康第一で釣りを楽しまれてくださいね🍀

しかし、私は寒がりなのでもう衣替えをしました💦
自分も初めはそうでしたが、初心者の女性が釣りに行く時って本当に服装に迷いませんか?そういう時に役立つ情報なんかも配信したいなぁ~。皆さんの釣りファッションも見てみたいです💕✨服装に加え、持ち物や写真の撮り方なんかもいつもコミュニティを見てお勉強させて頂いてますよ~✨

さて、本日は釣りコミュニティに投稿した不思議なレシピをご紹介したいと思います!ぱっと見謎めいているあのレシピ……とっっても美味しくて本当にオススメです( ´♡ω♡‘)💕

Recipe14  マダイのトマト丸ごとピラフ
⏰調理時間:30分 調理の難易度:★★☆☆☆


<材料>(3~4人分)

~食材

・マダイ 1尾
ぶつ切りにするのでサイズは問いません。マダイやその他お魚でも作れるレシピになります。
・トマト 1個
今回は大きめサイズのトマトを1個使用しました。
・玉ねぎ 1/2個~1個
あまり大きすぎないサイズが良いと思います。他のお野菜でも可

~調味料(A)

 コンソメ 固形の場合1個、顆粒の場合小さじ1と1/2 
 バター  10g(大さじ1程度、目分量でOKです!) 
 お米   2合 
 お水 300ml目安(事前にお出汁でスープを作ってもOK) 
 お塩、コショウ                 適量ずつ 
 ケチャップ 小さじ1~2 

~作り方

1 まず、お米をお水につけておきます。15分~20分ほど。まな板が汚れる前に玉ねぎもみじん切りにしておきましょう。マダイはいつものようにウロコ、内臓、血合い、頭を丁寧に処理し、三枚におろします。身がそのまま具材となりますので、身が残り過ぎないようにご注意ください!

2 三枚におろしたら2~3等分にぶつ切りにし、キッチンペーパーで切り身を挟んでをしっかりと水気を拭き取ります。その後、塩コショウで下味をつけて少しおきましょう。ちなみに、マダイも一緒に炊くのですが、事前に熱したフライパンで軽く焼いておくことをオススメします!(オリーブオイルをひいて皮面から)こうすることで炊いても崩れにくく、外はしっかり、中はふっくら食感になります!


3
お鍋(炊飯器でもOK)に水分をきったお米、お水、コンソメ、ケチャップを入れ軽く混ぜます。その上に、マダイの切り身とみじん切りにした玉ねぎ、へたをくり抜いたトマトを丸ごと乗せ、加熱をしていきます。ちょっと雑ですが・・・(笑)へたはこんな感じでくり抜きます。

お鍋の場合は中火で沸騰後、弱火にしてから10分~蒸らし10分、一度もフタはあけないようにお願いします!※黒い粒は黒コショウです。少しプラスしても美味しいです。

4 10分~蒸らしまで我慢するとこんな感じ!トマトの皮が柔らかくなり、マダイもふっくらと蒸されております✨✨ちなみにお魚が苦手な方はベーコンやウインナーでも美味しいですよ!お野菜もコーンやにんじん、ズッキーニなどを入れるとより華やかに♪

5 最後にバターを入れ大きく切り混ぜ、トマトとマダイを全体に馴染ませます。最後にお好みでブラックペッパー、粉チーズ、パセリを飾って完成です!

久しぶりに工程のお写真を撮ることができました。🙇笑

pointまとめ🐟
☑マダイには下味をしっかりつけておく
☑マダイは炊く前に一度焼くと良い
☑ケチャップを少し加えると味がしまって美味しい!
☑トマトのへたは除いておく(皮はどちらでもOK)
☑蒸す時間を確実に作る!開けずに我慢・・!
本来、炒めてから炊くのですが、今回は面倒なのでマダイの下準備だけ!
お野菜もそのまま炊いちゃいますが、お好みで炒めて頂いてももちろん構いません♪

献立はこちら♪

正直、火にかければ基本放置なのでとっても作りやすいです!ただ、時間の管理をしないと焦げてしまうので、慣れるまではそこが難しいかも……( ´xωx‘)💦
でもほんとーーーに美味しいのでぜひ作って頂きたい一品です♪オムライスやドリアにしても美味しそうですね♪

では、またの更新をお楽しみに~💕🍒

nozomi

一覧に戻る