トップ > 店舗ブログ > 坂元のらいとタックル研究所 若松アジング調査!豆アジ編

坂元のらいとタックル研究所 若松アジング調査!豆アジ編

2019 / 12 / 25  若松響灘店

皆様こんにちは!
若松響灘店の坂元です。

今年もあとわずか。

釣り納めにはやっぱりアジングかなと思い仕事帰りに若松方面へ行ってみました。

今回はアジング大好きなあだっちも参戦。

最初のアジングポイントに入ったのですがしばらくキャストしてもアジの気配がない?

アタリが無い時間が過ぎていきます。

これは釣れないパターンかも?

せっかくあだっちも寒い中頑張っているのにこれでは申し訳ないと思いポイントを移動することに・・・

フェリー乗り場付近のポイントに行ってみるとすでにアジンガーがいたので釣果を聞いてみました。

型は小さいけど数は釣れているそうです。

早速、タックルを用意して隣で釣り開始。

まずは【アジフラット1・5g】【アジキュート2・8】のジグ単で表層から探っていきます。

1投目のフォール中に豆アジがヒット!

これは高活性の予感!

予想通り表層から中層までしっかり群れがいるようで次々にヒットしてきます。

途中、渋くなりだすタイミングでワームを【アジキュート1・8】サイズダウンするとまたアタリが復活。

 

いろいろなカラーを試してみましたがこの日は夜光オキアミにアタリ集中!

アジキュートはほんとによく釣れるワームです!

私は安定して釣れている中、隣のあだっちは大苦戦・・・

釣れたパターンを伝授してやってもらいますがなぜかなかなか釣れない。

釣れない理由を分析するとジグヘッドの重みが分からずうまく飛ばせてないこととアタリがあっても合わせきれていないことの2点。

対策としてワームをサイズダウンしてからガン玉追加でウエイト調整するとその後はキャストが安定し釣れるようになってきました。

(しっかり20cmクラスも釣っていましたよ)

 

 

豆アジはほとんどリリースしているつもりだったのにいつの間にかバケツの中はいっぱいに・・・

十分な数が釣れたので食べる分だけキープして帰ることにしました。

《今回の釣果の一部》

途中、ヒイカも狙ってみましたがまたもや撃沈。

もうすぐ1月になろうとしているのにまだ水温が下がっていないのでしょうか。

ヒイカ釣りは来年へ持ち越しとなりました。

若松方面のアジングまだまだ行けますよ!

年末年始も狙いに行ってみてはいかがでしょうか!!

《釣行データ》
釣行ブログNO.32
2019.12.22
時間 PM9時~PM11時
釣り場 若松方面 フェリー乗り場付近
釣り方 アジング
魚種 アジ15cm~20cm
潮周り 若潮 満潮~下げ

《アジングタックル》
ロッド アジングGRⅡ66S
リール 2000番PG
ライン エステル0.3号
リーダー フロロ1.0号
ジグヘッド アジフラット1.5g

ワーム アジキュート2.8 クリアピンクラメ
     アジキュート1.8 夜光プランクトン、夜光オキアミ

友だち追加数

いいね!をお願いします!!

一覧に戻る