特集 > 【初心者必見】0から始めるワカサギ釣り

【初心者必見】0から始めるワカサギ釣り

2020 / 01 / 08 Takamiya

ワカサギを釣るために今回おじゃましたのは、佐賀県の北山ダムにある「フィッシングセンターうおまん」

免許が無くても運転できるエレキボート(電動)から家族やカップルにオススメな手漕ぎボート等、をレンタルしているお店になります。

エレキボートというと海水浴をしている時なんかに、ものすごい勢いで走っているヤツを想像する人も多いはず…

ですが、このボートは最高でも10km/h。自転車よりも遅いので転覆の心配もなく、初めての方でも安心して運転することができます。

ワカサギ釣りには専用の電動リールに穂先を付ける専用タックルがありますが、初めてワカサギ釣りをする方にはお金もかかり、ハードルが高いですよね。

そんな方のために、今回はアジングロッド(REAL METHOD AJING GRⅡ 510S)にシマノ2000番リール(Soare BB C2000SSPG)を使用しました。

ジグ単をメインとしたアジングでも使え、ワカサギ釣りでも問題なく使えました。ボートワカサギの釣果には問題ありません。

仕掛けは1.5号の針(ハヤブサ 瞬貫わかさぎ)にオモリ6g(ダイワ ワカサギシンカーTG)を使用しました。

針は1~1.5号の小さな針が沢山釣れておすすめです。

北山ダムの水深は10mほど。

まずは底まで落として、リールを2~3回巻いて待ちます。

アタリが無ければ竿を大きく上下に動かしたり、細かく誘ってみたりすると食ってくるので、アワセを入れてしっかり掛ければ、2~3匹ワカサギが釣れていますよ。

刺しエサ入れがあるとエサが取り出しやすくて便利。

魚群探知機をレンタルすればワカサギがどの層にいるのか分かるので、戦略的に釣りが行えます。

北山ダムは赤い橋の下がワカサギが良く釣れるポイント!

魚群探知機を使いながらワカサギの回遊ルートを探って、テンポよく釣りをしましょう!

 

もっと詳しく回遊ルートや釣れる場所を知りたい場合は、うおまんの店員さんや釣具のポイントのスタッフに聞いてみてください。

小さなワカサギは骨も含めて丸ごと食べられるので、手軽にできる「天ぷら」や「から揚げ」がオススメ!

淡泊で絶妙な塩加減がビールのお供に最高です!

釣りたてのワカサギを現地で料理して食べることもできますよ!

大きいサイズのワカサギはお刺身にしても絶品です。

醤油とワサビで食べるのも良いですが、ポン酢ともみじおろしで食べるのがオススメです!

軽装備で観光の合間にも楽しめるワカサギ釣り。

 

シーズンは10月から3月となっていて、特に脂の乗った旬の時期は、2月下旬~3月上旬といわれています。

釣って楽しく、食べてもおいしいので、ぜひワカサギ釣りにチャレンジしてみてください!

一日釣りをした後は温泉へ!

冷えた体を温めるには温泉が一番ですね。

※画像はイメージです。

上がった後はやっぱりコーヒー牛乳!

なんでお風呂上がりのコーヒー牛乳はこんなにおいしいのでしょうか?(笑)

 

今回は行っていませんが、近くには蕎麦屋や豆腐屋がたくさんありました。

この地域は水が奇麗なのかもしれませんね。

 

釣って、食べて、温泉で休むことができる、北山ダムでのワカサギ釣り。

皆さんも休日に行かれてみてはいかがでしょうか?

 

一覧に戻る