全エリア

エリア・店舗を選んで

表示する情報を最適化!

全エリア

店舗情報

ショアレッドの釣り方とは?タックルや時期、サーフでマダイを釣るコツまでご紹介

ショア(陸地)から釣れるマダイを「ショアレッド」と呼びます。本記事では、ショアレッドの釣り方やタックル、釣れる時期を詳しく解説。また、サーフでのショアレッド釣りのコツについても紹介していきますので、ぜひ目を通してみてください。

 

 

 

 

 

ショアレッドの釣り方

なるべく遠くにルアーを飛ばす

ショアレッドを狙う際は、ある程度の遠投を行えるタックルを用意する必要があります。遠くに投げられるということは、それだけ探れる範囲が増えることにつながります。そのため、ショアレッドは広範囲に探ることが大切なのです。

 

ベイトの群れを探して投げる

やみくもに遠くに投げてもなかなかショアレッドはゲットできないため、明確なポイントを見極めて投げる必要があります。そのポイントの1つとなるのが、ベイトの群れです。水面で跳ねるベイトの群れを見かけたら、その群れに向かって投げてみてください。

 

 

アクションの基本はただ巻き

ショアレッドの釣り方の基本は、ただ巻きです。リールを巻く速度は状況によって異なるため、数キャストごとに巻く速度を変えてみるのをおすすめします。ただ、あまり表層を早い速度で巻いてしまうと、マダイ以外の魚が反応してしまう可能性が高まるので注意してください。

 

ショアレッド向きのルアー

マダイは肉食系の魚で、甲殻類や貝類、イカ類、小魚を好んで食べます。そのため、使うルアーもこのような捕食対象に合わせたものが有効です。マダイ釣りに適したルアーを以下の表にまとめましたので、参考にしてみてください。

 

ルアー名 サイズ
メタルジグ 10g前後
ミノー 10cm前後
シンキングペンシル 10cm前後
メタルバイブ 9cm前後
ジグヘッド+ワーム ジグヘッド8g前後、ワーム2インチ前後
タイラバ 30g前後
ひとつ1つテンヤ 15g前後(2〜6号)

 

 

アクションに変化を付けるならストップ&ゴー

ただ巻きでマダイの反応が無いと感じたときは、ただ巻きの途中で動きを止めるストップ&ゴーが有効です。ストップ&ゴーの動きをしていると大体マダイはフォール中に反応するため、アクションの途中で「止め」を入れてマダイが口を使う隙を作ってあげましょう。

 

海底付近を中心に狙う

マダイは水深の深いところを好むので、ショアで釣れる範囲にいるショアレッドは基本的に海底付近にいることが多いです。そのため、ショアレッドをルアーで狙う場合はなるべく海底付近から狙うようにしましょう。これはどのアクションでも変わりません。

 

ストップ&ゴーが効果的なルアー

ストップ&ゴーの動きが効果的なルアーは、メタルジグ・メタルバイブ・ワーム・タイラバの4つです。海底をたたきながらストップ&ゴーを繰り返したいときは、これらのルアーを使うと良いでしょう。フォールを活かしたい場合は、メタルジグが有効です。

 

<目次に戻る> 

 

 

 

ショアレッド向きのタックル

ショアレッド向きのロッド

中・小型の回遊魚から大型青物まで幅広くカバーするラインナップ。トルクフルなブランクスで遠投性能に優れ、遠くのポイントにルアーを送り届けることが可能!粘りのあるバットパワーで魚を掛けてからも主導権を渡さない。持ち運びに便利な2ピース仕様。[FALKEN R WHIZ BULLET]

ファルケン R ウィズバレット 93ML FALKEN R

参考価格: 8,600 円

 

ショアレッドを狙う場合、遠投ができるタックルを選ぶようにしましょう。10g前後のメタルジグを投げられるショアジギングロッドか、シーバスロッドがおすすめです。長さは9〜11ftと長いロッドを扱うため、予算が許す限り軽いものを選ぶと良いでしょう。

 

 

ショアレッド向きのリール

滑り出しと耐久性に優れたカーボンワッシャーを採用し、滑らかなドラグ性能を追求した高機能スピニングリール。[NOWVE]

リアルメソッド ノーヴ 3000 CM-250 REAL METHOD スピニングリール

参考価格: 9,800 円

 

ショアレッドタックルのリールは、スピニングリールが使用されます。遠投に耐えられるよう、1号程度のPEラインを300mは巻けるリールを用意しましょう。ギア比は、ノーマルからハイギアがおすすめです。リールもロッドと同様、可能な限り軽いものを選ぶようにしてください。

 

ショアレッド向きのライン

圧倒的耐摩耗性「デュラセンサー」。[UVF SALTIGA DURA SENSOR×8+Si2]

ダイワ UVF ソルティガデュラセンサー×8+Si2 300m 1.5号

参考価格: 3,652 円

 

ショアレッドタックルは、細くても力強いPEラインをメインラインとして使用します。そのため、1〜1.5号のラインを300m以上巻いておくようにしましょう。アタリのあった場所を把握しやすくするために、一定の長さでラインの色が変わる色付きラインを使うのもおすすめです。

 

リーダーを忘れずに付ける

マダイは海底付近にいるため、走られた際に障害物で根ズレを起こす可能性が高いです。PEラインだけでは耐えきれないので、必ずリーダーをメインラインの先に結びましょう。16〜20lbのフロロラインを1.5〜2m程度の長さで結ぶのがおすすめです。

 

<目次に戻る> 

 

 

 

ショアレッドが釣れる時期

マダイは北海道や沖縄を除く日本近海に広く生息している魚なので、手段を問わなければ年中釣れる魚ではあります。しかし、マダイはほぼ限られた期間にしか水深の浅い場所にやってこないため、ショアレッドは限られたタイミングを狙う必要があるのです。
ここからはショアレッドが釣れる時期について解説しますので、目を通しておきましょう。

 

 

春:マダイの産卵期を狙う

ショアレッド釣りが始まるのは、春を迎える頃になります。この時期になると多くのマダイが産卵のために浅場へやってくるため、ショアレッドを釣り上げるチャンスが生まれ始めます。
また、産卵に備えて餌のドカ食いが始まる時期でもあるため、ショアレッドを狙う場合は春がベストと言えるでしょう。

 

最大のチャンスは梅雨時期から

場所によって多少前後しますが、マダイの産卵がもっとも活発になるのは5〜6月までの間です。この期間に多くのマダイが餌をたくさん食べ、交尾をします。つまり、この期間がショアレッドを狙う絶好の機会となるのです。ショアレッドを狙う際は、この時期を逃さないようにしましょう。

 

 

秋:ベイトフィッシュが浅場に集まる時期を狙う

秋にショアレッド釣りがおすすめな理由は、冬に備えてマダイが体力をつけるために餌のドカ食いを開始するからです。マダイを含め、多くの魚は水温の低い冬の間は深いところでじっとして、冬をやり過ごします。そのため、ショアレッドが体力づくりをする季節が秋なのです。

 

<目次に戻る> 

 

 

 

ショアレッドを釣るコツ

水深のあるサーフ

深水のあるサーフはショアレッドを狙う上で一番釣りやすく、初心者におすすめです。広いサーフであれば釣り人の密度も薄いため、ゆったりと間隔を取って釣りができるでしょう。サーフの水深についてはネットで調べると分かりますので、事前に確認してからサーフに向かいましょう。

 

朝夕のマヅメを狙うのが基本

多くの魚と同じように、マダイも日の出周辺と日の入り周辺の時間帯、いわゆる「マヅメ時」に餌を食べる傾向があります。この時間帯がもっともマダイの活性が高い時間帯になるため、ショアレッドを釣りたい場合はまず朝マヅメを狙い、日の入りになったら時間を見て帰るようにするのがおすすめです。

 

常夜灯のある場所は夜釣りもおすすめ

多くの小魚は、常夜灯の明かりに群がる習性があります。つまり、このような小魚を食べるショアレッドも常夜灯付近に現れることになります。常夜灯のある海岸であれば夕マヅメを狙ってポイントに入り、暗くなったら常夜灯周辺を狙うのもおすすめです。

 

 

岩場と砂地の混ざるサーフ

マダイは、ゴツゴツとした岩場を好む習性があります。磯付近のサーフなど、海底に砂地と岩場が混ざるサーフもショアレッドを狙うのに絶好のポイントです。ただし、このようなポイントは根掛かりの確率が他より高くなるため注意しましょう。

 

フォールはフリーフォールがおすすめ

岩場と砂地の混ざるサーフでも海底付近を狙うことには変わりありませんが、根掛かりを回避するためにフォールさせるときはフリーフォールを使うのがおすすめです。カーブフォールではラインにテンションが掛かってしまい、岩と岩の間にハマってしまう恐れがあります。

 

根掛かり対策でストレス回避

海中にストラクチャーが多い場所では、フォールの仕方に気をつけていても根掛かりは起こりやすいです。このようなストレスを回避するためにも、プラグ系のルアーのフックをトリプルフックからダブルフックやシングルフックに変えておくと良いでしょう。

 

ショアレッドを狙うなら小型フック

マダイの口は、体の割に大きくはありません。大きいフックだとフッキングしても針に乗らないことがあるため、フックはなるべく小型のものを選ぶようにしましょう。また、マダイの口は堅いので、頑丈なフックでなければしっかり刺さらなかったり、伸ばされたりしてバラす原因になることを覚えておきましょう。

 

 

潮通しの良いサーフ

「潮通し」は海水の流れのことを指し、「潮通しの良いところ」は海流の流れが良くて頻繁に海水が入れ替わっている場所を指します。このような場所は水中の酸素濃度が高く、ショアレッドも集まる傾向にあります。

 

潮通しの良い場所とは

潮通しの良い場所は、岬や堤防の突端、海底にカケアガリや岩礁、サンゴ礁のある場所、潮目の確認できる場所が主に挙げられます。初心者の方は、岬や堤防の突端の部分が潮通しの良い場所と覚えておけば問題ありません。

ルアーを使った潮通しの良い場所を見つけるテクニック

少し上級者向けのテクニックですが、ルアーを使うことで潮の流れの変化を感じ取ることもできます。使い慣れたミノーやメタルバイブを使い、ただ巻きをしている際に掛かる振動の変化に集中してみてください。手ごたえの変わる場所があれば、そのあたりが潮通しの良い場所になります。

 

<目次に戻る> 

 

 

 

ショアレッドの釣り方をマスターして、サーフでマダイを釣り上げよう

ショアレッドが釣れるチャンスは多くありませんが、タックルは比較的簡単に集められるものが多く、他の釣りに流用も効きます。ショアレッド釣りを始めるハードル自体は高くありませんので、ぜひショアレッドを狙ってみてください。

 

<目次に戻る> 

 

 

 

 

一覧に戻る
false