トップ > 店舗ブログ > 初SLJ(スーパーライトジギング)釣行!

初SLJ(スーパーライトジギング)釣行!

2019 / 03 / 01  釣り隊!釣らせ隊! 隊長

皆様、こんにちは

2月23日に話題のSLJ(スーパーライトジギング)に行ってきました。 

利用したのは小倉駅から車で10分程小倉港から出船セブンさん

キャビンは広く綺麗で快適。

もちろん女性の方にも安心のトイレ完備でこちらも広く臭いもありません!

7時出船途中朝日を見ながら40分ほど走ると釣り場に到着。

タックル

リール カロス3000HG

ロッド マイクロジギングGR73L

ライン PE0.8号、リーダー20LB

を使用しました。

船長に話を聞くと通常のジギングでは竿をシャクって(上下にあおる)ジグを激しく動かし魚にアピールして釣りますが、SLJではただ巻きが釣れるとのこと!

ジグを底に落としてただリールを巻くだけ!タイラバと同じ釣り方です!

今回は水深30m~45m程のポイントを回りました。

釣り始めるとさっそく私の横で釣っていた方アタリが!!

上がってきたのは本命のマダイでした!!

使っているジグを見ていると鉛製ではなくタングステン製のシルエットの小さなジグ

すかさずダイワのTGベイトにチェンジ!!

すると答えが。。。

ジグが着底し15mほど巻き上げ再度落としていると

途中で糸の出が止まった

糸フケを取りアワセを入れると乗った!!ヨッシャ―!!

引きを楽しみながら上がってきたのは良型のきれいなマダイ\(^o^)/

そして底を取ることが難しくなったのでジャッカル ラスパティーン60gに変更。

するとただ巻き中にアタリが!!

しかし乗らない(-_-;)

もう一度落とすとジグが落ちてない

すかさずアワセをいれると

かわいいマダイでした!(^^)!

フォールにも反応があるのでジグを変更してみます。

ジグパラTG50グラムにしてみると

今度は良型のメバル

何でも釣れますね\(^o^)/

しかしこの後はアタリがあるものの乗せる事ができず納竿

この日は風が強く厳しい状況でしたが、今SLJは好調です!!

今回の釣行では

エサとなるベイト、もしくは狙っている魚自体のサイズが小さい場合は、シルエットの小さいジグが有効。

タックルのバランス、だだ巻きで当たることからハリは細軸の方が良い。

 (宮崎船長はマダイバリを使っているそうです。)

リアフック(ジグの後ろにつける針)は必須

(宮崎船長曰く8割近い魚がリアフックに掛かるそうです。フロントフックに掛かったとしてもリアフックが身体のどこかに刺さりバレ防止にもつながります。)

ただ巻きを多用するのスイベルはつけた方が良い。

ただ巻きを多用するのでタイラバタックルでも代用可

と様々な事を知る事ができました。

またリベンジに行きたいものです!

 

 

 

そして!ただいま大募集中!

関門海峡の冬の風物詩、アラカブ釣り!

身のしまった絶品のアラカブが爆釣も夢ではないこの釣り。

しかしアラカブだけじゃ物足りない釣り人の為に!!

3月30日まで毎週土曜日

冬季限定!!

アジとアラカブのリレー釣りを企画しています!

約6時間の釣行中潮が速いタイミングではアジ

緩むタイミングではアラカブを狙うという1回の釣行で2魚種を楽しめるお得なプランです!!

釣り場は港から5分程で初めての方でも安心、フィッシングガイドも乗船釣りの完全サポートを致します!!

レンタルタックル仕掛けレストランでの釣魚料理もオプションで追加可能です。

詳しくは北九州釣りいこか倶楽部HPをご覧くださいね。

お問合せ先
URL:https://tsuri-ikoka.com/
電話:080-9067-5833
メールAD:info@tsuri-ikoka.com

【釣りいこか事務局】

【たくさん釣り隊!釣らせ隊!隊長ブログ】

一覧に戻る