トップ > 店舗ブログ > ★さこっぺフィッシングログ・鹿児島サーフヒラメゲーム★

★さこっぺフィッシングログ・鹿児島サーフヒラメゲーム★

2020 / 03 / 13  鹿児島谷山店

こんにちは!谷山店の佐古です😋

相変わらずサーフに通いまくってますが、最近は青物が少なくなってきて、いよいよ私の大好きなシーズンが訪れてくれました。

そう!春の座布団ヒラメシーズンです!!

(全て昨年の釣果です)

昨年度は座布団に遭遇する事叶わず、気づいた時にはヒラメシーズンが終わってしまいました。。。

年末からひたすらサーフに行っていたのには、カタクチに付いた魚(主に青物系)を釣りたいという理由の他に、ヒラメの回遊コースを下見する為でもありました。

その甲斐あって、先日遂に座布団ヒラメを仕留める事に成功しました!!

今回はその釣行模様を書いていきます。

この日はポイント博多諸岡店の荒木代行が鹿児島へ来てくれました。

座布団釣らせろ~!と。。。

あわよくばブリ狙いといった魂胆でしょう。

朝一に入ったポイント、ここは足元からある程度の水深があるので近くまでヒラメが寄りやすい場所です。

近くを回遊していればミノーが良いと思い、ヒラメミノーⅢビーチウォーカーグアドをローテーションして投げ込んでましたが、なかなか思い通りにはいきません。

日が完全に昇ってきたので遠投系を・・・と、プロトのシンペンにチェンジして一投目!

90m程先でリフト&フォールしているとフォール中に当たりが!!

フッキングして慎重に寄せてくると・・・?

ヒラメです!!

50cm前後の今期一号のヒラメ!

かなり遠くでのヒットだったので、やり取りが長く楽しめました(笑)

今期からヒラメシーズンのルアーはフックをカルティバSTX-45ZNに交換してます。

個人的見解ですがヒラメはかなりバレ易い魚なので、バレ難くする為にもSTX-45ZNの様な形状のフックが良いと思い検証中です。

シーズンを通してキャッチ率が上がると良いのですが・・・

横で釣りしててノーヒットの荒木先輩に写真を撮ってもらって、その後も釣りを再開しましたがすぐ時合は終わってしまいました。

お昼頃からは場所を転々として、ベイトの入っている所を探しましたが・・・何故かサッパリ見当たりません。

移動した先々でブリ狙いと思われるアングラーさん達に話を聞いてみても、さっぱり見つからないと・・・

そうこうしている内に、時間的にもラストの移動となり、やってきたのは小規模河川の出口。

なんとなく歩いていると、打ちあがったばかりのベイトを発見しました!!

そして海を見てみると、ベイトが少しですが残ってます。

しかし激濁り・・・その上ドシャローなのでウェッジやフリッパー等のヘビー系ルアーが投げれません。

そこで朝一チャレンジして失敗したミノーを選択。

ヒラメミノーⅢ、グアドでも底を擦ってしまうので、タイドミノー145SLD-S(デュオ)を使用しました。

これでも底に当たってしまうので(どんだけ浅いの!?)竿を起こしてただ巻きストップを繰り返すと

ガツン!!!

と、金属的な鋭い当たりを捉えました!

フッキングするとデカエイの様なズッシリとした重量感・・・ですがこの当たり方はエイではありません。。。

寄せてくる時はマゴチとも違う力強い首振り、しかしマゴチでもないし、シーバスであればエラ洗いする筈・・・?

まさか!?!?

まさかの座布団ヒラメでした!!!

73cmの初座布団!この日のラストチャンスで来てくれました!

本当に嬉しくてずっと手が震えてました。。。

ヒットルアーはタイドミノー145SLD-S(デュオ)でした。

SLDとはスリムロングディスタンスの略で、細い形状により横風に強く遠投が効きます。

そのシンキングバージョンはフローティングよりも少し潜ってくれるので、より長い間ヒラメのレンジを通してこれます。

たまたまこの濁りにマッチしたチャートバックキャンディカラーを持っていたのが吉と出ました。

これまではヒラメ狙いでミノーを選ぶ事はあまり無かったのですが、今回のサーフの様な遠浅のフィールドではミノーを使用した方がより食わせ易いと思いました。

今期のヒラメシーズンはミノーもルアーローテーションに入れて、チャレンジしていきたいと思います!

今回ヒットルアーだったタイドミノー145シリーズは当店にて販売中です!

その他、ヒラメに効くルアーも沢山在庫が御座いますので、ヒラメハンターの皆様は是非ポイント谷山店のサーフコーナーを御利用ください!

一覧に戻る