トップ > 店舗ブログ > 坂元のらいとタックル研究所 若松近郊コウイカ調査!胴突きスッテ編

坂元のらいとタックル研究所 若松近郊コウイカ調査!胴突きスッテ編

2021 / 03 / 02  若松響灘店

皆さんこんにちは。

若松響灘店の坂元です。

久しぶりにブログ投稿させていただきます。

 

最近になって暖かい日も増えてきて来ました。

そろそろ春の釣りシーズンが始まりますね。🌸

 

2月半ば頃から若松近郊でのコウイカの釣果を聞くことが増えてきました。

ちょっと気になっていたので先日、イカ釣り大好きなあだっちを誘って釣り場調査に行ってみました。

 

何か所か候補はあったのですがまずは何度かコウイカを釣ったことのある洞海湾側のポイントに入ってみることにしました。

平日という事もあり釣り人は一人もいませんでしたがコウイカらしい墨跡はありました。

しかも新しそう・・・🦑

 

私はコウイカ胴突き仕掛エサ巻きエギの2タックルを準備して調査開始。

 

1月末に若松のヤリイカ釣りで活躍したエサ巻きエギのエギーノもぐもぐサーチで広範囲に投げながら様子を見ます。

 

 

コウイカ釣りの基本はあまりしゃくらず着底したらゆっくり巻くだけです。👍

 

イカが居たらなにかしら反応してくるはず・・・🤔❔   

 

数時間ぐらい投げ続け広範囲を探ってみましたが残念ながらコウイカの反応はなく時々カンナに海藻が引っかかってくるだけでした。

 

これはいかん、釣れる気がしない・・・😱

 

だんだんと風も強くなってきて釣りにくくなってきたのでダメもとで風裏の場所を探して移動してみることにしました。🚙💨

 

移動してみると見事に風が防げて想像以上に快適。

 

このポイントは少し水深があるので今度は胴突き仕掛に変更して再チャレンジ・・・🦑

 

今度は遠くに投げず足元の海藻の横を通すイメージでゆっくりと引いていきます。

 

すると何か触ったような感触があったのでちょっと間をあけてからロッドを立ててみるとグィっと重みが伝わってきました。

 

🦑キターーーーーー‼

 

コウイカのジェット噴射で穂先がゆらゆらと動いているのが分かります。

 

ばらさないようゆっくり浮かせてからタモで掬います。

タモ入れも無事成功!

とりあえず釣れて良かった!!

重さは300gぐらいでしょうか。

 

身が厚くておいしそう。🍴

 

その後も少し頑張ってみましたがご想像の通りアタリなしで終了。

 

隣のあっだちも退屈しているのかスマホばかり見ている?

どうやら腹が減っている様子だったので帰ることにしました。

 

次回は別の場所で引き続きコウイカ調査をしてみたいと思います。🦑

3月になれば徐々に水温も上がってきていろいろな魚種が狙えるようになります。

イカ釣りは難しそうなイメージですがずる引きだけでも釣れるコウイカ釣りはファミリーや初心者の方にもおススメです。

 

この春、若松近郊のコウイカ釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか!!

 

《釣行データ》
釣行ブログNO.2

2021.3.1
時間 AM8時~AM11時

潮回り 中潮 干潮~上げ
釣り場 若戸渡船付近
釣り方 胴突き仕掛
魚種 コウイカ(松葉イカ)

重量 340g 

《コウイカ胴突きタックル》
ロッド ライトエギングロッド
リール 2500S
ライン PEライン0.8号
リーダー フロロ2.0号

スッテ DUEL クリスタルウルトラオーロラ80SS PKAJ

オモリ ナス型オモリ5号

友だち追加

一覧に戻る