トップ > 店舗ブログ > キザクラ様 実釣研修!

キザクラ様 実釣研修!

2018 / 04 / 17  釣り隊!釣らせ隊! 隊長

 皆様こんにちは!

先日行われましたキザクラ様の実釣会に参加して来ました

今回の講師は何と大知昭テスター!!

マルキューM-1カップチヌ2連覇有本モニターにも来ていただきました?

まずはマキエ作りから開始!

オキアミは細かく刻み粒を多くする事で遠投が出来るマキエになります。

集魚剤は茶色い物から先に混ぜ、白っぽい物を後に混ぜると均一に混ざっているかわかりやすいそうです。

そして水を加える際は半分ずつ混ぜると硬さの調節がしやすいです。

 


瀬戸内で釣りをしている方はマキエを足で踏んで粘りを出すことが多いですが

オキアミの粒がつぶれてしまうのでしないそうです。

大知テスターは手で混ぜていました。

各自マキエを作り若松運河に移動。

そしてツケエについて

オキアミは遠投しても外れないように頭、尻尾を切って頭側からハリを通します

ネリエは丸、平べったい形、三角形など形を変えてヒラヒラと落としてアピールさせたり、

底で安定させたりしているそうです。

イエローのネリエを主体にフグなどのエサ盗りが多い場合高集魚レッドにしたり

2種類のネリエで二色やマーブルにしたりしています。

水温が低い場合は回収したツケエのオキアミが白くなったり、ネリエが硬くなっているので

ツケエの状態をよくみる事も大事です。

 

次に最近フカセ釣りで注目されているPEラインを扱う上での注意点


リールのドラグを緩めにしておくとアワセ切れの防止になります。


仕掛けの回収はリールを急いで巻いてしまうとウキが水面で跳ねてテンションが緩い状態でスプールに巻かれてしまうので



穂先にウキの重みが乗るようにゆっくり巻いてテンションをかけること



もしくは2本の指にPEラインを挟んでテンションをかけて巻く。



ということを教えて頂きました。

 

次に仕掛けの投入の仕方です。

後ろに木などがある場合の投入の仕方や

上に木などがある場合の投入の仕方。

など数多くの投入の仕方を教えて頂きました。

マキエは、

マルキューチヌパワー激重、チヌパワーDASHを配合しまとまりが良く、

マキエを固めやすい硬めのシャフトの黒魂チタンワークヒシャクⅡでぶっ飛ばしていました。

もちろん仕掛けも黒魂PEライン、大知遠投60のコンビでぶっ飛びます。


いよいよ実釣です!

今回はがまかつ様のマスターモデルⅡチヌをお借りしました。

振った感じは軟らかいのに仕掛け投入の際はぶれる事無く思った所に投入出来、操作性も抜群でした!

後は魚を掛けて曲りを見たい!

マキエはマルキューチヌパワー激重、チヌパワーDASHにオキアミ1角

 

ツケエサは

と集魚剤をまぶしたオキアミを使用しました。


途中、大知テスターに個別にレクチャーしていただき、マキエと仕掛けの投入位置について教えて頂きました。

しかし、私は風と運河の速い流れを攻略する事ができず、チヌを釣ることができませんでした。


最後に総括を頂いて終了いたしました。

私は今回チヌを釣ることができませんでしたが、多くの事を学ぶことができました。

 

大知テスター、有本モニター、キザクラスタッフの皆様、ありがとうございました!

それでは皆様良い釣りを!

使用したタックル


竿
 がまかつ マスターモデルⅡチヌ L-50

リール シマノ BB‐Xデスピナ2500DXG 

道糸 ダイヤフィッシング フロストン誘Ⅱ 1.5号 

ハリス ダイヤフィッシング ジョイナープレミアム 1.5号 

ウキ 
キザクラ 大知遠投60


マキエ


オキアミ1角 


マルキュー チヌパワー激重 1袋 

マルキュー チヌパワーDASH 1袋 

ツケエ
 
マルキュー くわせオキアミスペシャルチヌ

マルキュー くわせ練りエサチヌ エサ持ちイエロー 


集魚材をまぶしたオキアミ





【たくさん釣り隊!釣らせ隊!隊長ブログ】

一覧に戻る