トップ > 店舗ブログ > G杯争奪全日本がま磯グレ選手権①

G杯争奪全日本がま磯グレ選手権①

2017 / 12 / 14  釣り隊!釣らせ隊! 隊長

皆様、こんにちは!

12月3日から5日にかけて大分県米水津 で開催された

第36回G杯争奪全日本がま磯(グレ)選手権に参加して来ました。

G杯グレの全国大会は今回で2回目の挑戦!

前回は予選リーグで1勝もする事ができず敗退しました。

今度こそは上位入賞を果たしたい

 

1日目大会ミーティング、発会式、懇親会。

2日目予選リーグ戦、敢闘祭

3日目決勝トーナメント、表彰式

が行われます。

予選リーグは6名1組として6組に分かれ、1試合100分の試合を1人4試合行います。

審査員2名と選手2名が磯に上がり、境界線を決めジャンケンをして勝った方が右の釣り座に入ります。

50分が経過すると釣り座の交代を行います。

対象魚は30センチ以上のグレで勝敗は釣り上げたグレの総重量にて決定します。

各組の中で勝利数が一番多い選手1名が決勝トーナメントに出場。

勝利数が同じ場合は

グレを釣って勝った場合        10ポイント

グレを釣って負けた場合        2ポイント

グレを釣って引き分けた場合      5ポイント

各々グレの釣果無しで引き分けた場合  3ポイント

グレの釣果無しで負けた場合      0ポイント

としてポイントの総得点が多い方を優先します。

総得点が同点の場合には予選リーグ中に釣り上げたグレの総重量が多い方を優先し、

各組2位の選手の中で上位2名の選手ワイルドカードとして決勝トーナメントへ勝ち上がる事ができます。

 

抽選の結果、私は5組で前回大会優勝中司選手と同じ組になりました。😮

1試合目は、ミチグイと言う磯に上がりました。👍

ジャンケンに負けて左側の釣り座へ

仕掛けはハリスを7メートルとり、




ウキは
エイジアマスターピース01を選択。
 



ウキのストッパーは「フカセからまん棒ロング」を使用してハリから2ヒロの位置で固定しました。

エサの残り具合を見ながらからまん棒を動かしタナを調整します。



足元にマキエを撒くとブダイ、キタマクラの姿が確認出来ます。

潮が上げ潮が左から右に流れているようです。沖にマキエを撒くとトウゴロウイワシがマキエを食べつくしてしまいます。

マキエに制限がありましたが、1試合目ということもありマキエが入っていないためグレの活性を上げる為に多めにマキエを沖に打っていました。

ハリは掛かりすぎ口太5号をメインにキタマクラにエサを盗られるようでしたら、4号に落としたり、ファイングレに変更していました。

最初のアタリは2ヒロでバリが釣れました。数枚バリが釣れただけで釣り座を交替しました。

後半の釣り座は、右からのサラシの払い出しと左から右に流れる上げ潮とがぶつかっている所を狙うと1投目にグレが喰ってきました。

その後は、キタマクラの猛攻にあい試合が終了。相手の方は釣られていなかったため、まず1勝できました。🙂

2試合目は、地の観音です。

中司選手との対決!またジャンケンに負けて左側の釣り座からスタート。

下げ潮が手前に当てて来て右に抜けています。

マキエをするとハコフグがチラホラ見えるだけであまりエサ盗りの姿が見えませんでした。

沖から流し込んでみたり、手前から流し込んでみたり深く入れてみたりと試してみましたが、

イスズミが釣れただけでした。

後半の釣り座は右に勢いよく潮が流れています。右手前に瀬があり流しづらくなっています。道糸を修正しながら流しているとアタリ!

上がってきたのはバリ!!30センチほどだったので抜きあげようとすると、バキッ!!

竿を折ってしまいました。😱

1試合目にウキをぶつけてしまっていたので傷が入っていたようです。😢

予備竿に変えて再開です。

再開後もクロのアタリは無くお互い釣果無しの引き分けに終わりました。😣

船に戻ってマキエの補充をして、ゼリーを流し込み次の試合に備えます

3試合目はツナトリと言う磯です。

ジャンケンに勝ち右側の釣り座から開始です。

正面から風が吹き付け仕掛けが手前に寄ってきてしまいます。

手前にはキタマクラやブダイ、沖にはトウゴロウイワシ。

クロの活性があがらず 不発に終わります。

後半潮目が出来ていましたので狙ってみると道糸を勢いよく持って行くアタリ

何とか1匹だけキープでき2勝目

4試合目は、イワシバエです。

ジャンケンに負けて左側の釣り座からスタート。

足元にマキエを撒いてみますがエサ盗りは1匹のハコフグだけ。。。

遠投で沖目を狙った際にフカセからまん棒が勢いよく横に動き1匹取り込みに成功

 

その後、からまん棒にアタリが出た事から浅ダナを意識して狙ってみますが、アタリはなく😓

後半戦へ

ツケエが残るので段々と深く探っていくと竿1本半ほど沈めた所でアタリ

この魚も取り込むことができ2匹目キープに成功

この後すぐに当りましたが、キープサイズに満たないコナガ😆

2匹で検量し、3勝目

結果3勝0敗1分33ポイントを獲得しました。

私のグループは4勝した方がおらず、中司選手も私と同じ3勝0敗1分の33ポイントでしたが

リーグ戦4試合で釣ったグレの総重量を私よりも上回っていたため、中司選手の勝ち抜けが決定していました。😣

この時点で私が勝ち上がるにはワイルドカードを引くしかなくなりました😓

結果はホテルに帰って敢闘祭の時に発表でしたのでドキドキです‼

結果は

 

ワイルドカードで決勝トーナメント出場が決定しました!😮😮

次回へ続く

使用したタックル


竿
 がまかつ マスターモデル口太F-50 →アテンダーⅡ1.25号-53

リール グローブライド トーナメントISO競技LBD 

道糸 ダイヤフィッシング フロストンV2 1.5号 

ハリス ダイヤフィッシング ジョイナープレミアム 1.5号 


マキエ【4試合分】支給されたものしか使用できません。


オキアミ3角 


マルキュー グレパワーV9 2袋 

マルキュー 遠投フカセスペシャル 2袋 



ツケエ 支給されたものしか使用できません。
 
マルキュー くわせオキアミスペシャルM

集魚材をまぶしたオキアミ

 

【たくさん釣り隊!釣らせ隊!隊長ブログ】

一覧に戻る