トップ > 店舗ブログ > むらさきブログ船メバル編

むらさきブログ船メバル編

2019 / 02 / 11  熊本富合店

こんにちはpoint熊本富合店のむらさきでございます

いよいよ船からメバルが釣れ始めているということで、

いても立ってもいられなくなり、船からメバル釣りに行ってまいりました。

熊本新港から出船されます秀月丸さんにお世話になりました。

風が少し強かったのですが、釣り場に到着するまでわくわくしていました

釣り場に着くと釣り開始となりました。

竿は 伝衛門丸 舷天メバルSP 270

リールは リアルメソッド ギガソルト HG

PEライン1号 ショックリーダー4号です。

仕掛は3本針の回転ビーズが付いた仕掛を各種と

サビキ仕掛なども用意いたしました。

根がかりは多いということで、仕掛を多めに準備いたしました。

オモリはホゴオモリ25号と30号を使用しました。

今回はハヤブサの鱗メバル追い喰い仕掛で

大物狙いと数釣りを期待して行いました。

ワームはグリーンカラーが良く釣れるということで、

(船長いろいろな質問にお答えいただきありがとうございました😊)

reinsのアジアダーにがごりを使用しました。

釣りを開始して2回目の投入でいきなりアタリがあり、メバルが釣れました。

サビキにビワコエビを付けていた針に釣果があったので、

この日はビワコエビが良く釣れるのかもしれないと思いました。

メバルのアタリがあっても急いで巻き上げず、しばらく待っていると

さらに魚信がありました

糸を巻き上げると、2匹いっぺんに釣れました。

小型は放流いたします。(小型はほとんどいませんでした)

根がかりに苦しみ仕掛が切れたため、

3本針の回転ビーズ仕掛に変更します。

底を取りながらゆっくり仕掛を上げ下げしていると、

ぐぐぐっとはっきりしたメバルのアタリがあり、

糸を巻き上げると、いい感触です

きました、きました、きましたよーーっ

 

良型のメバルが釣れました。

むしゃんよか(熊本弁でかっこいい)メバルです

大きなメバルが釣れると楽しくて楽しくてたまりません。

潮だまりのポイントは釣れそうでさらにわくわくします

この日はワームでも釣果がありましたがビワコエビが良く釣れました。

この後も根がかりやバラシなど続き、苦戦いたしました

まだまだ修行がたりません。

あっという間に時間が過ぎて納竿となりました。

良型のメバルが釣れて満足の釣果となりました。

帰ってメバルを料理しました。

最大は28センチでした。

28センチは鍋に入りませんでしたので😂

急に塩焼に変更しました😋

焼く前に写真を写してみました。

25センチ以下は少しずつ味噌汁でいただきました。

メバルは身が柔らかくとても美味しかったです。

私はメバル釣りの虜になってしまいました。

また、チャンスがあればチャレンジしたいと思います😁

point熊本富合店ではいろいろな仕掛をご用意いたしております。

釣りにお出かけの際はぜひpoint熊本富合店をご利用下さいませ

 

 

一覧に戻る