トップ > 店舗ブログ > チヌエサ新製品「チヌ玉」でチヌ釣り!

チヌエサ新製品「チヌ玉」でチヌ釣り!

2020 / 04 / 07  鳥栖商工団地店

ポイント鳥栖店の日高です!

今回は、チヌエサ新製品の『チヌ玉』

使用してチヌ釣りに行って来ました!

数年ぶりに福島のプチ沖磯に秀吉丸さんで渡してもらいました。

「チヌ玉」には、沖アミと集魚剤が絶妙なバランスで

配合されているので、バッカンに「チヌ玉」を投入し、

海水で調整すればすぐに釣りが出来ます!

軽く練り上げればすぐに完成!

マキエヒシャクで投入してみましたが、遠投性バツグンでした!

仕掛けは、久しぶりのフカセ釣りでここ数年でフカセ釣りでも

流行し始めたPE釣法に初挑戦!

結果を先に言うと、沈め釣りで一日釣りましたが、ナイロンよりも

細いPEでの釣りはナイロンライン以上の遠投もでき、

穂先の感度もよかったです!

PE0.8号にハリス1.5号を約5m直結し、ウキとからまん棒を装着。

ウキは沈め釣り用の釣研の「プログレススタンダード」を

使用しました。

釣研HPはこちら

 

付け餌は海郷のオキアミ「喰わせ太郎 Lサイズ」と

マルキューの練り餌「喰い渋りイエロー」のローテーション

針は、イエローの練り餌を使用するので、がまかつの新商品

「チヌR イエロー」の2号と3号を使用しました。

数投目、オキアミだとフグの猛攻にあうので、

練り餌「喰い渋りイエロー」で一気に底まで沈めると

「もぞっ」というアタリ。

 

釣れたのは、「ギンポ」

天ぷらの素材として高級魚なのですが、家族から気持ち悪がられる

だろうなと思い、優しくリリース。

手前のポイントでは練り餌でもフグの猛攻でしたので、

『チヌ玉』を超遠投し、仕掛けもその超遠投ポイントに投入すると、PEラインがスーッと持って

いかれるアタリ!

すかさずアワセを入れて、気持ちよい竿の曲がりを楽しみながら、

上がってきたのは30cmクラスのメイタ(小型チヌ)

その後、同じ釣り方で同じサイズを追加し、時合い終了。

サイズアップを出すことはできませんでした・・・

この日は朝8時半が満潮で、その潮止まり前後にチヌのアタリが

集中しました。

同じ磯で釣りをされた方は、45cmを釣っていましたよ!

 

秀吉丸の船長のお話では、今年は水温も下がらず、チヌもずっと好調との事。

 

これからもう少し水温が上がれば、良型の数釣りも楽しめると

思います。

 

また、「チヌ玉」でチヌ釣りに行ってきます!!

やっぱり釣りって楽しいな♪

一覧に戻る